ペンケウタシュナイ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペンケウタシュナイ川
水系 一級水系 石狩川
種別 一級河川
平均の流量 -- m³/s
流域面積 -- km²
流域 北海道歌志内市赤平市砂川市
テンプレートを表示

ペンケウタシュナイ川(ぺんけうたしゅないがわ、又はペンケウタシナイ川ペンケ歌志内川)は、石狩川の支流であり、北海道空知総合振興局管内を流れた後に、水系本流の石狩川と合流し、日本海に注ぐ一級河川[1]である。

概要[編集]

北海道歌志内市赤平市にある神威岳及び赤平山に連なる以南の水系が、全て集まってペンケウタシュナイ川となり、歌志内の市街地を貫通して大きな沢をなす。砂川市で一つの川となり、やがて石狩川に合流する。開拓時代から、歌志内の人々に母なる川として親しまれてきた。

地名由来[編集]

アイヌ語の「オタウシナイ」(砂浜の多い川の意)及び「ペンケオタシナイ」(上の四手綱の川の意)から成っている。

流域の自治体[編集]

北海道
歌志内市
赤平市
砂川市

出典・外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北海道河川一覧図[リンク切れ](北海道建設部河川課)

参考文献[編集]

  • 歌志内市史編さん委員会編 『新歌志内市史』 歌志内市