ペロプス (スパルタ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペロプス(希:Πέλοψ、ラテン文字転記:Pelops、在位:紀元前210年-紀元前206年)はスパルタ末期のである。

ペロプスは先王リュクルゴスの子であり、紀元前210年の父の死に伴って王位に就いた。しかし、ペロプスの治世は長くは続かなかった。紀元前207年後見人マカニダスアカイア同盟との戦い(マンティネイアの戦い)で敗死する[1][2]と、マカニダスの地位にはナビスが就き、国政を縦にした。ナビスは成長したペロプスが自身に取って代わることを恐れ、彼を政権奪取の翌年に処刑した[3]

[編集]

  1. ^ パウサニアス, VIII. 50. 2
  2. ^ プルタルコス, 「フィロポイメン」, 10
  3. ^ ディオドロス, XXVII. 1

参考文献および参考URL[編集]


先代:
リュクルゴス
スパルタ王
紀元前210年-紀元前206年
次代:
ナビス