ペイレ・ヴィダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペイレ・ヴィダル

ペイレ・ヴィダル(Peire Vidal, 1180年? - 1206年?)は、フランストゥールーズ地方の吟遊詩人

経歴[編集]

毛皮商人の息子として生まれた。ペイレはトゥールーズ伯レーモン5世の宮廷で吟遊詩人としてのキャリアをスタートさせ、ついでマルセイユ子爵バラル、アラゴン王アルフォンソ2世モンフェッラート侯ボニファーチョ1世イングランド王リチャード1世(リチャード獅子心王)などをパトロンとした。彼は南フランス、イタリアキプロスハンガリースペインマルタなどを旅した。

彼は少し変わった性格の持ち主だったようだが、同時に高い精神性を持った魅力的な男性で、ゴシップもあったようである。彼の詩はロマンスにあふれ、強い感受性とシンプルな構成となっている。彼の作った詩のうち45個は現存しており、そのうち12の詩はメロディーも伝承されている。