トゥールーズ伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トゥールーズ伯の紋章

トゥールーズ伯:comte de Toulouse)は、フランストゥールーズとその周辺地域を支配した伯爵。

歴史[編集]

1208年、異端カタリ派の鎮圧のため訪れていた教皇特使ピエール・ド・カステルノー英語版レーモン6世の家臣により暗殺され、この事件をきっかけにアルビジョア十字軍が結成された[1]ラングドックレスター伯シモン・ド・モンフォール率いるアルビジョア十字軍により荒廃した。レーモン6世は1211年破門された上、1213年ミュレの戦い英語版において敗北し、1215年第4ラテラン公会議において伯の財産を没収された[2]。シモン・ド・モンフォールは1215年にトゥールーズを占領したが、1218年のトゥールーズ包囲戦で戦死し[3]、レーモン6世は伯領を奪回した。

レーモン7世は、レーモン6世とイングランド王女ジョーンとの息子であり、1222年に伯位を継いだ。異端派の抵抗が続く中、1226年にレーモン7世の破門および伯領のフランス王への帰属が決定されると、フランスルイ8世は軍を率いてランクドックを制圧した[4]1229年のモー条約(パリ条約)において、レーモン7世は新王ルイ9世にローヌ川以西の領地を譲渡、一人娘で相続人のジャンヌとルイ9世の弟のポワチエアルフォンスとの結婚を承諾した[4]1249年にレーモン7世は死去し、トゥールーズはジャンヌとアルフォンスが相続したが、2人の間には子供がなく、ともに1271年に死去し、広大なトゥールーズ伯領はフランス王領となった。

トゥールーズ領主一覧[編集]

ルエルグ伯家[編集]

カペー家[編集]

以下、フランス王領に統合

ブルボン家[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 柴田 他、p. 459
  2. ^ ハラム、p. 382
  3. ^ ハラム、p. 383
  4. ^ a b 柴田 他、p. 197

参考文献[編集]

  • Chisholm, Hugh, ed. (1911). Encyclopædia Britannica (11th ed.). Cambridge University Press.
  • 柴田三千雄 他 編『世界歴史大系 フランス史 1』山川出版社、1995年
  • 福井憲彦 編『新版 世界各国史 12 フランス史』山川出版社、2001年
  • エリザベス・ハラム 編、川成 洋 他訳『十字軍大全』東洋書林、2006年
  • 下津清太郎 編『世界帝王系図集 増補版』近藤出版社、1987年

関連項目[編集]