ベレン (トールキン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベレン・エアハミオン(Beren Erchamion第一紀)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説『シルマリルの物語』の登場人物。

父はベオル家のバラヒア、母は男勝りのエメルディア。妻はルーシエンで、息子にディオル

別名のエアハミオンは「隻手」の意で、巨狼のカルハロスに右手を食いちぎられた事に由来する。彼はまたカムロスト(Camlost)すなわち「空手」とも呼ばれる。


生涯[編集]

ダゴール・ブラゴルラハすなわち「俄かに焔流るる合戦」のあと、バラヒアの民たちは追いつめられ、彼のもとには十二人の男性だけが残った。彼らはタルン・アイルインに隠れ処を持っていたが、あるときそのうちの一人のゴルリムサウロンの罠に掛けられて捕まり、その場所を話してしまう。隠れ処は襲われ、そこにいたものは皆殺しにされたが、十二人の中でただ一人、敵の偵察に出かけていたベレンが助かった。

彼はドルソニオンを脱出し、ドリアスの迷路を通り抜けて、シンゴル王の娘ルーシエンと出逢い、彼女を愛した。シンゴルはこれを知り激怒したが、メリアンの言により、シルマリルの一つを奪還する事を条件にした。

彼はナルゴスロンドへ行き、フィンロドを尋ねた。ダゴール・ブラゴルラハでバラヒアに助けられたフェラグンドは数人の忠実な者たちを伴ってベレンについていった。しかし、途中でサウロンに捕えられ、トル=イン=ガウアホスの地下牢に入れられた。

一方、ルーシエンはドリアスから逃亡して彼の許へ向かった。猟犬のフアン[1]がこれを見つけ、主人のケレゴルムクルフィンのところへ連れて行った。彼らはケレゴルムと彼女を婚約させて勢力を拡大しようともくろんで、彼女を囚われの身とした。フアンは彼女を助け出し、トル=イン=ガウアホスへ連れて行った。サウロンはフアンを自ら殺そうとしたが、返り討ちにあって降参した。

二人はアングバンドへ行き、モルゴスの玉座の前に辿り着いた。モルゴスはルーシエンの歌に惑わされ、彼の軍勢は眠った。ベレンはシルマリルを一つ切り取ったが、もう二つもとろうとした所失敗し、その眠りは覚めた。彼らは逃げたが、ベレンは入口で巨狼のカルハロスによってシルマリルを持っていた右手をそれごと食いちぎられ、倒れた。ルーシエンがカルハロスの毒を吸い取り、彼らはたちに助けられた。

鷲たちは二人をドリアスへ連れて行き、ベレンはルーシエンに癒されて生き返った。その後ベレンはエアハミオンと呼ばれた。二人はメネグロスへ戻った。ベレンはシンゴルにシルマリルを捧げようと手を広げたが、そこには何も無かった。カルハロスによって腕ごと飲み込まれていたのである。そのとき、ベレンは自らカムロストを名乗った。カルハロスは、シルマリルを飲み込んだがために苦しみ、怒り狂って諸国の脅威となっていた。かの狼は日に日にメネグロスに近づいていた。ベレンはカルハロスに喰らいつかれた。フアンはかの狼と闘い、相打ちとなって死んだ。シルマリル探索を終えたベレンもそこで力尽きた。

ルーシエンは悲しみ、彼女の魂は肉体から抜けてマンドスの館へ向かった。彼女はマンドスの前で歌い、彼は心を動かされた。彼女は二つの選択を与えられた。ヴァリノールで不死のエルフとしてベレンを失って過ごすか、中つ国で定命の人間としてベレンとともに過ごすか、であった。彼女は後のほうを選択した。生き返った二人はトル・ガレンに住み、子のディオルを授かった。

[編集]

  1. ^ フアンはかつてヴァラールオロメの猟犬で、人間の言葉を解したが、一生に三度しか話す事が出来なかった。ノルドールが流謫の身となった際、今まで存在したことのないほど強大な狼に出会うまで死なないという運命となった。