ベイジル・ヒートリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
男子 陸上競技
1964 東京 マラソン

ベイジル・ヒートリー: Benjamin Basil Heatley1933年12月25日 - )は、イギリスの元陸上競技選手(長距離)である。ウォリックシャーのケニルワース出身。

1964年6月13日のポリテクニックマラソンで、レオナルド・エデレンが前年の同大会で記録した2時間14分28秒を32秒更新する2時間13分56秒の世界最高記録を樹立した。

世界記録保持者として参加した同年10月の東京オリンピックでは、記録をアベベ・ビキラに破られたが、ゴール直前に2位を走っていた日本の円谷幸吉を抜き去り、銀メダルを獲得したシーンは有名である。オリンピックの男子マラソンで、世界記録保持者として出場した選手がメダルを獲得したのは孫基禎以来であり、その後も現在まで例がない。

マラソン成績[編集]

  • 自己最高記録…2時間13分56秒(1964年6月13日)
年月 大会名 タイム 順位 備考
1956年6月 ミッドランド選手権 2時間36分55秒2 優勝  
1957年5月 2時間32分01秒
1963年8月 イギリス選手権 2時間19分56秒 2位
1963年10月 コシチェマラソン 2時間20分22秒4 4位
1964年6月 ポリテクニックマラソン 2時間13分56秒 優勝 世界最高記録
1964年10月 東京オリンピック 2時間16分19秒2 2位