ヘール石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘール石
ヘール石の黄色針状結晶(画像サイズ: 10 mm)
分類 有機鉱物
シュツルンツ分類 10.CA.15
Dana Classification 50.4.2.1
化学式 C14H8O2
結晶系 単斜晶 - 擬斜方晶
対称 単斜晶プリズム
ヘルマン・モーガン記号: (2/m)
空間群: P 21/a
単位格子 a = 15.81 Å, b = 3.967 Å,
c = 7.876 Å; β = 102.67°;
Z = 2
晶癖 針状塊
へき開
黄色、黄緑色
条痕 淡黄色
透明度 半透明
比重 1.42
光学性 2軸 (+)
屈折率 nα≈1.75, nβ≈1.75, nγ≈2.0
文献 [1][2]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

ヘール石(Hoelite)は、1922年にノルウェースピッツベルゲン島にあるピラミッド山で発見された鉱物である。ノルウェー人の地質学アドルフ・ヘールに因んで名付けられた。化学組成は、C14H8O2(9,10-アントラキノン)である[3][1]

塩化アンモン石自然硫黄と関連した石炭燃焼環境で生成する非常に珍しい有機鉱物である[1]

出典[編集]