ヘンリー・ドレイファス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘンリー・ドレイファスがデザインし20世紀特急に使用されたニューヨークセントラル鉄道Jクラス蒸気機関車
ドレイファスによりデザインされたWestern Electric 302電話機

ヘンリー・ドレイファス(Henry Dreyfuss、ヘンリー・ドレフュスとも[1]1904年3月2日 - 1972年10月5日)はアメリカの工業デザイナー。ドレイファスと彼の会社は、1930年代から1960年代までの電話機のデザインすることによるウェスタン・エレクトリックベルシステムとの長年の関係を含む、幅広い消費者および市販品の多数のデザインで世界的に評価を受けている。彼のデザイン哲学は、適用された常識や化学的原則に基づいており、結果として人間工学の分析や消費者の研究に大きな貢献を果たした。

経歴[編集]

ニューヨーク州ブルックリン生まれ。1930年代から1940年代にかけて活躍した有名な工業デザイナーの1人として、何十もの消費者製品の見た目、感触、有用性を劇的に改良した。レイモンド・ローウィや他の同時代の人とは異なり、ドレイファスはスタイリストではなかった。彼はデザインの問題に対して常識と科学的アプローチを適用した。彼の作品は公共消費のために場を大衆化し、人間工学人体測定人間要素の根底にある分野に大きな貢献を果たした。1920年まで、後に競争相手となる演劇デザイナーのノーマン・ベル・ゲッデスの元で実習生として学び、1929年に演劇・工業デザインの活動のために自身の事務所を開設した。それはすぐに、そして長期にわたって商業的な成功を収めた。2005年現在、彼の会社はHenry Dreyfuss Associates としてミシガン州アナーバーで法人顧客とともに営業を続けている。

デザイン[編集]

ドレイファスと彼の同僚は、20世紀のアメリカで最も遍在的で象徴的な製品のいくつかをデザインしている。

晩年[編集]

1955年にDesigning for Peopleを著した。ドレイファスの工業デザイナーとしてのキャリアを紹介したこの本は、デザインの事例や多くの逸話、彼のジョーとジョセフィンの人体図の説明など、自身の倫理原則や審美原則を記している。1960年にはThe Measure of Manを出版した。この本はデザイナーに製品デザインの正確な仕様を提供する人間工学的な参考図を集めたものである。1965年、アメリカ工業デザイナー協会(IDSA)の初代会長に就任した。1969年、自身が設立した会社から退いたが[4]、委員やコンサルタントとして多くの企業に携わった。1972年、The Symbol Sourcebook, A Comprehensive Guide to International Graphic Symbolsを出版した。20,000以上のシンボルを掲載するこのビジュアルデータベースは、世界中の工業デザイナーへ基準となるものを提供し続けている。[要出典]

[編集]

1972年10月5日、1人の息子と2人の娘を残し、末期的症状であった妻ドリス・マークス・ドレスファスと一緒に、ガレージで死んでいる姿で発見された。故意の一酸化中毒で自殺したと考えられている[5][6]

参考文献[編集]

脚注

  1. ^ 百万人のデザイン ヘンリー・ドレフュス 著、勝見勝 訳(ダヴィッド社) 1959 - 国立国会図書館サーチ(2017年1月16日閲覧)
  2. ^ White, Norval; Willensky, Elliot & Leadon, Fran (2010), AIA Guide to New York City (5th ed.), New York: Oxford University Press, ISBN 9780195383867, p.317
  3. ^ Designer of 1960s American Airlines logo tells Businessweek what he really thinks of AA's new logo”. Sky Talk. 2017年9月14日閲覧。
  4. ^ Henry Dreyfuss Associates | People | Collection of Smithsonian Cooper-Hewitt, National Design Museum
  5. ^ JONES, ROBERT A. (1997年5月7日). “Our Dreyfuss Affair”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1997-05-07/local/me-56286_1_henry-dreyfuss 2017年5月16日閲覧。 
  6. ^ “Henry Dreyfuss, Noted Designer, Is Found Dead With His Wife”. The New York Times (South Pasadena, CA). (1972年10月6日). https://www.nytimes.com/1972/10/06/archives/henry-dreyfuss-noted-designer-is-found-dead-with-his-wife.html?_r=0 2017年5月16日閲覧。 

参考書目

  • Dreyfuss, Henry. Symbol Sourcebook: An Authoritative Guide to International Graphic Symbols. New York: John Wiley & Sons. 1984. ISBN 0-471-28872-1
  • Dreyfuss, Henry. Designing for People. Allworth Press; illustrated edition, 2003. ISBN 1-58115-312-0
  • Flinchum, Russell. Henry Dreyfuss, Industrial Designer: The Man in the Brown Suit. Rizzoli, 1997. ISBN 0-8478-2010-6
  • Innes, Christopher. Designing Modern America: Broadway to Main Street. Yale University Press, 2005. ISBN 0-300-10804-4

関連項目[編集]

  • 黒電話 - 日本の電話器。ヘンリー・ドレイファスがデザインしたウェスタン・エレクトリック500型などの影響を受けている。
  • File:Dreyfuss-henry-thermostat-design.ogg Video on Dreyfuss's design for Honeywell thermostat and for his Bell Telephone

外部リンク[編集]