ヘンドリック・ホルツィウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンドリック・ホルツィウス
Hendrik Goltzius
『自画像』
生誕 1558年
フェンロー近郊
死去 1617年1月1日
ハールレム
分野 版画・絵画
テンプレートを表示

ヘンドリック・ホルツィウスHendrik Goltzius, 1558年 - 1617年1月1日)は、オランダ版画家素描家画家ユーリッヒ公国のMillebrechtで生まれた。ホルツィウスはバロック初期のオランダのエングレービングの代表的作家で、輝かしい才能と革新的技術を持っていた。

生涯[編集]

ホルツィウスは数年間、父親の下でガラス彩色の勉強をした後、オランダ人版画家D・V・コールンヘルトにビュランの技術を教わった。コールンヘルトはさほど実績もない人物で、ホルツィウスはすぐに師匠を追い抜いたが、師匠と弟子の立場は守り続けた。また、木版画出版者のフィリプス・ガレ(フィリップ・ガレ)に雇われ、ルクレティアの生涯を描いた連作版画を制作した。

21歳の時、ホルツィウスはいささか年のいった未亡人と結婚した。彼女の出資でホルツィウスはハールレムに店を構えた。しかし、妻との関係は良好とはいえず、ホルツィウスは健康を害するまでに至った。1590年、ホルツィウスは思い立ってドイツ経由でイタリアに旅行し、そこで見たミケランジェロの絵に強い衝撃を受けた。ハールレムに戻った時には健康も回復していて、それから死ぬまでその地で作品を作り続けた。

『ホラティウス・コクレス』(1586年)

評価[編集]

ホルツィウスのことを、彼が尊敬したミケランジェロの風変わりなイミテーションと断じる意見もあるようだが、ホルツィウスの肖像画(ほとんどがミニアチュールである)は、仕上がり具合からも人物の正しい把握からも、なかなかの出来で、その中でもとくに実物大の自画像はきわだっている。

ホルツィウスは「膨らんだ線」の使用に関してほとんど前例のないレヴェルに達している。遠景からの階調効果を生むために、ビュランはより厚い、より薄い線を描くよう扱われている。ホルツィウスは「点と菱形」技法のパイオニアで、階調の陰影をより精密にするために、点は格子模様によって作られた菱形の空間の中央に打たれていた。

ホルスタインはホルツィウスの版画を388点としているが、デザインだけ手掛けて他の版画家たちが制作したものは574点以上あると言っている。

ビュランの駆使技術に関してなら、ひょっとしたらホルツィウスはアルブレヒト・デューラーにひけを取らないのかも知れないが、それ以外の技術は、他のすぐれた版画家たちの腕には及ばない。それでも、ホルツィウスの突飛さ、過度の虚飾さはそれを補って余りある。作品も美しく、自由奔放である。ホルツィウスはバルトロメウス・スプランヘルの描いた絵の版画化で(後には彼自身の作品で)名声を高めた。

『人類の堕落』(1616年)

ホルツィウスは42歳になって絵を描きはじめ、そのいくつかはウィーンの帝国コレクションにあるものの、この分野ではとくに傑出したものは見あたらないように思える。キアロスクーロ版画も僅かながら作っている。

外部リンク[編集]

参照[編集]