ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式 (Henderson–Hasselbalch equation) は水素イオン濃度 (pH) と酸性度 (pKa) を結びつける等式で、生化学的または化学的なにおいて用いられる。この式は緩衝液の pH を見積ったり、酸塩基反応化学平衡状態を調べるのに用いられる。たとえば、タンパク質の等電点を計算するのに用いられる。

定義[編集]

ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式は以下の通りである。

ここで、 であり、酸解離定数である。次のような一般的なブレンステッドの酸塩基反応

においては、

は酸 HA の共役塩基を表す。[塩基] や [酸] のように括弧がついた量はモル濃度を表す。

上記の等式のアナロジーで、次の等式も成り立つことが分かる。

上記の式で、 であり、塩基解離定数である。また、BH+ は塩基 B の共役酸である。

導出[編集]

ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式は酸解離定数の式から次のように導き出される。

は無次元数であるので、[A-] や [HA] にはモル濃度以外の値を代入することができる。たとえば、組成のモル分率、や、分画濃度を代入しても同じ値が出る。

関連項目[編集]

出典[編集]