ヘリオス (ニールセン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Carl Nielsen – Helios, předehra, op.17 - クリスティアン・リンドベルイ指揮プラハ放送交響楽団(Symfonický orchestr Českého rozhlasu)による演奏。Koncerty Českého rozhlasu(チェコ放送)公式YouTube。
Carl Nielsen - Helios Overture - サラ・イオアニデス(Sarah Ioannides)指揮Spartanburg Philharmonic Orchestraによる演奏。Spartanburg Philharmonic Orchestra公式YouTube。

序曲ヘリオス》(英:Helios Overture作品17,FS 32は、カール・ニールセン1903年に作曲した演奏会用序曲。「アラディン」組曲と並んでニールセンの管弦楽曲の中では最も有名である。

この曲はニールセンがギリシャに旅行したときに、エーゲ海の日の出に感激して書かれたと言われ、太陽に因んでヘリオスと名づけた。 日が昇って輝き、やがて沈んでいくまでの様子が巧妙に描かれている。

編成[編集]

フルート3、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、バス・チューバ1、ティンパニ弦楽五部

楽曲構成[編集]

まずチェロとコントラバスのドとソの和音に乗って、ホルンが対位的に旋律を吹く。 やがて、楽器も加わり盛り上がりを見せて一旦静まるが、フガート的に展開したりして二度目の盛り上がりを見せる。 その後急速に静まり、最後はまた冒頭のようにもどって尾を引くようなチェロのC線の開放弦で終わる。

初演[編集]

1903年10月8日、ヨハン・スヴェンセンの指揮による。初演は成功だった。

演奏時間[編集]

およそ10~14分

外部リンク[編集]