ヘゼヴィ・ア・ダンマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘゼヴィ・ア・ダンマーク
Hedevig af Danmark
ザクセン選帝侯妃
Prinsesse Hedevig (1581-1641).jpg
在位 1602年 - 1611年

出生 (1581-08-05) 1581年8月5日
 デンマークヒレレズフレデリクスボー城
死去 (1641-11-26) 1641年11月26日(60歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Electoral Saxony.svg ザクセン選帝侯領プレッティン英語版、リヒテンブルク城
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Electoral Saxony.svg ザクセン選帝侯領フライベルク
結婚 1602年9月12日 ドレスデン
配偶者 ザクセン選帝侯クリスティアン2世
家名 オルデンブルク家
父親 デンマーク王フレゼリク2世
母親 ゾフィー・フォン・メクレンブルク
宗教 キリスト教ルター派
テンプレートを表示

ヘゼヴィ・ア・ダンマーク(デンマーク語:Hedevig af Danmark, 1581年8月5日 - 1641年11月26日)またはヘートヴィヒ・フォン・デーネマルク(ドイツ語:Hedwig von Dänemark)は、デンマーク王フレゼリク2世ゾフィー・フォン・メクレンブルクの間の娘で、ザクセン選帝侯クリスティアン2世の妃。この結婚から子供は生まれず、夫の死後選帝侯位は弟ヨハン・ゲオルク1世が継承した。1611年に夫が死去した後、ヘゼヴィは前選帝侯妃としてザクセンで強い権力を持ち続けた[1]

生涯[編集]

若年期と結婚[編集]

ヘゼヴィはデンマーク王フレゼリク2世ゾフィー・フォン・メクレンブルクの間に、7番目の子で4番目の娘としてデンマーク王国フレデリクスボー城1581年8月5日に生まれた。姉アンナはスコットランド・イングランド王妃となり、兄クリスチャン4世はデンマーク王となった。兄弟姉妹と同様に、ヘゼヴィも幼年期をデンマーク国外で過ごし、ヘゼヴィの場合は母方の実家メクレンブルクであった。

ヘゼヴィは1602年9月12日ドレスデンにおいてザクセン選帝侯クリスティアン2世と結婚した。ヘゼヴィとクリスティアン2世の父クリスティアン1世とはいとこ同士であった。9年間の結婚で子供は生まれず、クリスティアン2世は1611年6月23日にドレスデンで死去した。

前選帝侯妃として[編集]

1611年にクリスティアン2世が死去した後、ヘゼヴィは前選帝侯妃として治安と裁判を預かった。ヘゼヴィは新しい選帝侯である義弟と支配権を分け合ったが、臣下はヘゼヴィを実質的な主君とみなしていた。貿易や商取引に関してはヘゼヴィは義弟から独立して活動し、自由通行権に関する文書の発行も通常は選帝侯の特権であったが、ヘゼヴィは独自に文書を与えていた。また、教会を創建し、貧者、病人および障害者に対し援助を行った。

1612年5月、ヘゼヴィは選帝侯ヨハン・ゲオルク1世とマグダレーナ・ジビュレ・フォン・プロイセンとの間の長男クリスティアン・アルブレヒトの代母となったが、この長男は早世した[2]

デンマーク王クリスチャン4世の妹、およびイングランド・スコットランド王ジェームズ1世(6世)の義妹として、義弟の選帝侯ヨハン・ゲオルク1世のために外国と重要な関係を築き、義弟の7人の子供のうちの5人の結婚相手の決定に関わった。また、ヘゼヴィの地位と諸外国との関係から、その支配領域は三十年戦争においてほとんど攻撃を受けなかった。

夫が死去した後、ヘゼヴィは主にリヒテンブルク城に住んだが、1631年に母の葬儀のためと、1634年には甥デンマーク・ノルウェー王太子クリスチャンの結婚式への出席のため、それぞれデンマークを訪れている[3]

ヘゼヴィは1641年11月26日プレッティン英語版のリヒテンブルク城で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ Carl Frederik Bricka. “Hedevig, Kurfyrstinde af Sachsen, 1581-1641”. Dansk biografisk Lexikon. 2018年6月1日閲覧。
  2. ^ A. B. Hinds, HMC Downshire, vol. 3 (London, 1938), p. 285.
  3. ^ Carl Frederik Bricka. “Christian, 1603-47, udvalgt Prins”. Dansk biografisk Lexikon. 2018年6月1日閲覧。