ヒレレズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒレレズ
フレデリクスボー城
フレデリクスボー城
ヒレレズの紋章
紋章
ヒレレズの位置(デンマーク内)
ヒレレズ
ヒレレズ
位置図
北緯55度56分 東経12度19分 / 北緯55.933度 東経12.317度 / 55.933; 12.317
デンマーク
地域 首都地域
基礎自治体 ヒレレズ市
行政
 • 市長 キルステン・イェンセン
人口
(2012年)
 • 合計 30,570人
等時帯 UTC+1 (中央ヨーロッパ時間)
 • 夏時間 UTC+2 (中央ヨーロッパ夏時間)
郵便番号
3400

ヒレレズデンマーク語: Hillerød)は、デンマークシェラン島北部にある都市。人口は3万570人(2012年1月1日現在)[1]で、国内に5つある地域のひとつ、首都地域の中心地である。シェラン島ではコペンハーゲンヘルシンゲルに次ぐ第三の都市である。

現況[編集]

富裕な貿易と文化のまちヒレレズは、市街のフレデリクスボー城で知られる。またワークショップや遊技場に取り囲まれたヒレレズ知識・文化公園は、美術や音楽、演劇を兼ね備えた文化センターである。

経済・教育[編集]

ヒレレズでは6割の市民が正社員で、そのほとんどは高い資質と教育水準を持っている。製薬、製造、教育といった産業が支配的で、北シェラン・ビジネス・アカデミー、ヒレレズ技術学校、ヒレレズ・ビジネス・スクール、ヒレレズ工業高校、フレデリクスボー高校、VUC、ヒレレズ教員養成大学などの短期・中期教育機関がある。デンマーク薬科養成大学「ファルマコン」も市内に位置する。

観光名所[編集]

歴代のデンマーク王の居城フレデリクスボー城は現在、一般に公開され、フレデリクスボー博物館と国立歴史博物館が併設されている。広大なバロック様式の庭園もある。

「町の博物館」ではヒレレズの歴史が常設展示されている。

「ボイラー室」では特別展示がされる。2005年のテーマはシェラン島北部の古代・中世史であった。

アーベルホルト修道院は、聖アウグスチノ修道会北欧最大級の修道院である。エシルソー修道院の改築のため、1175年から翌年にフランス人の修道士アーベルホルトのギヨーム(後に聖人)によって建てられた。彼はこの件で、デンマークの大司教で政治家のアブサロンに召された。宗教改革後の1536年に土地は収用され、建物は取り壊された。一部のれんがはフレデリクスボー城の建設工事に転用された。

エスルム修道院は1151年に建てられた、シトー会修道院である。かつては複数の建物からなったがいまは一棟を残すのみで、シトー会に関する常設展示がなされている。丸天井の通廊にレストランが一軒ある。

自然[編集]

ヒレレズは北にグリブショウ、南にストーレ・ディレハーヴェの森がひかえる。国内で二番目に大きい森であるグリブショウの森は、同時に有数の湖沼地帯でもある。フレデリクスボー城の宮殿もこの森に近い。

これらの森林ではシカなどの野生動物がみられる。

脚注[編集]

  1. ^ BEF44: Population 1st January, by urban areas database from Statistics Denmark

座標: 北緯55度56分 東経12度19分 / 北緯55.933度 東経12.317度 / 55.933; 12.317