クリスティアン2世 (ザクセン選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリスティアン2世

クリスティアン2世Christian II., 1583年9月23日 - 1611年6月23日)は、ザクセン選帝侯(在位:1591年 - 1611年)。クリスティアン1世と妃であるブランデンブルク選帝侯ヨハン・ゲオルクの娘ゾフィーの間に第1子としてドレスデンで生まれた。

1591年に父の死去によって選帝侯位に即いたが、幼少の為1601年まで同族のザクセン=ヴァイマル公フリードリヒ・ヴィルヘルム1世摂政に立てられた。

クリスティアン2世は1602年9月12日デンマークフレゼリク2世の王女ヘドヴィヒ(1581年 - 1641年)と結婚したが、彼女との間に子供は生まれなかった。1611年6月23日にドレスデンで死去、弟のヨハン・ゲオルク1世が選帝侯位を嗣いだ。

先代:
クリスティアン1世
ザクセン選帝侯
1591年 - 1611年
次代:
ヨハン・ゲオルク1世