プレミアスヌーカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

プレミアスヌーカーリーグは、イギリスで開催されていたスヌーカーのリーグ戦。ちなみに英文名称は、2004年までは「Premier Snooker League」だったが、2005年から「Premier League Snooker」と語順が変更されていた。2012年に廃止され、2013年からはチャンピオン・オブ・チャンピオンズとしてコヴェントリーリコー・アリーナで開催されている[1]

概要[編集]

プロのスヌーカープレーヤーの中から、主催者が選んだ7人が総当りの予選リーグ戦を行う。予選リーグでは1試合につき勝ちは2点、引き分け1点、負けは0点の勝ち点が与えられ、勝ち点の多い上位4人(勝ち点が同点で並んだ場合は勝利フレーム数の多い順)が決勝トーナメントに進出。以後は通常のトーナメント方式で試合が行われ優勝者が決定する。2004-2005シーズンまでは予選リーグを1~4月、決勝トーナメントを5月に開催してきたが、2005-2006シーズンより開催時期が変更となり、現在は予選が9~11月、決勝が12月に実施されていた。

試合の模様はSky Digital(旧BスカイB)内の「Sky Sports」チャンネルで放送されていたほか、海外のテレビ局にも番組販売の形で提供された。

ルール[編集]

2004年まで[編集]

年によってルールは微妙に変化しているが、2004年までは概ね下記のようなルールで行われていた。

  • 予選リーグは8フレームマッチ(リーグ戦の順位決定に勝利フレーム数を使用するため、必ず8フレーム終了までプレーする)
  • 決勝トーナメントは準決勝は11フレームマッチ(6フレーム先取で勝利)、決勝は17フレームマッチ(9フレーム先取で勝利)
  • 基本的に録画放送のため、ショットの時間制限はなし
  • 予選リーグでは1フレーム取るごとに500ポンドの賞金が受け取れる(2004年のみ)

2005年春季以降[編集]

2005年よりSky Sportsにおける中継が原則生放送となったことに伴い、ルールが大幅に変更になった。

  • 予選リーグは6フレームマッチ(リーグ戦の順位決定に勝利フレーム数を使用するため、必ず6フレーム終了までプレーする)
  • 決勝トーナメントは準決勝は9フレームマッチ(5フレーム先取で勝利)、決勝は11フレームマッチ(6フレーム先取で勝利)
  • 25秒のショットクロックルールを採用。時間内にショットしない場合はファール扱いとなり、相手に5点が入る
  • 予選リーグでは1試合につき最大5回(ただし1フレーム内では最大3回)のタイムアウト(ショットクロックが止まる)が取れる
  • 予選リーグでは1フレーム取るごとに1000ポンドの賞金が受け取れる。Century Break(1度のブレイクで100点以上の点を取る)を達成するとさらに1000ポンドが追加
  • 優勝賞金50000ポンド、準優勝25000ポンド、準決勝進出12500ポンド
  • Maximum Break(147)を達成すると25000ポンド

出場者[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

過去の出場経験者[編集]

過去の優勝者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ New Champion of Champions Event”. World Snooker. 2013年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]