プラタイアの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラタイアの戦い
戦争ペルシア戦争
年月日紀元前479年8月
場所ギリシアプラタイア
結果:ギリシア連合軍の圧勝
交戦勢力
ギリシア連合軍 アケメネス朝ペルシア
ペルシア側についた諸ポリス
指揮官
パウサニアス マルドニオス
戦力
110,000 約250,000
損害
死者159 死者約207,000
ペルシア戦争

プラタイアの戦い(プラタイアのたたかい、プラタイアイの戦いとも、英:Battle of Plataea)は、クセルクセス1世の遠征後の紀元前479年8月、ペルシア残存勢力とペルシア側についたギリシアの諸ポリスに対して、スパルタコリントスアテナイなどのギリシア連合軍が出撃し、これを撃退した戦いである。

戦いの経過[編集]

サラミスの海戦での大敗後に、ペルシア軍の総司令官となったマルドニオス(Mardonios、ダレイオス1世の娘婿)は、マケドニアを出立してアッティカに入り、マケドニアのアレクサンドロス1世を通じて、避難しているアテナイ人に対して和平交渉を申し入れたが、拒否された。彼はアテナイを破壊するとテーバイに後退し、ギリシア側の反応を静観した。これに対して、スパルタの王族パウサニアス指揮下のスパルタ軍はコリントス付近でペロポネソス半島の諸ポリスの軍を待ち、次いでエレウシスでアテナイ軍と合流した。ギリシア連合軍はここから北上し、キタイロン山麓に布陣し、ペルシア軍に対峙した。

マルドニオスの命を受けたマシスティオス(Masistios)率いる騎馬部隊はペルシアの先遣隊としてギリシア軍に突撃し、大損害を与えた。この攻撃に曝されたメガラ軍は救援を要請し、弓兵を伴ったアテナイの精鋭部隊が急行して、先ず司令官マシスティオスを討取った。ペルシア軍は彼の死体を回収すべく、ギリシア軍に向かって突撃を繰り返したが、ギリシアの増援によってこれを果たせず、マルドニオスの陣に撤退した。これによって戦意高揚したギリシア軍はプラタイアに降り、陸上決戦が行われた。

ヘロドトスの叙述によれば,このときのギリシア軍の布陣は、スパルタ軍45,000、コリントス軍5,000、アテナイ軍8,000など11万人、対してペルシア軍は、主力部隊30万と、これに味方するギリシア兵5万で構成された。両軍はそのまま10日間対峙したままだったが、11日目にマルドニオスが騎馬部隊に突撃を指示し、ギリシアの給水地であるガルガピアの泉を蹂躙し、水と補給路を脅かされたギリシア軍は、夜半のうちに後退を余儀なくされた。ギリシア軍の撤退を見たマルドニオスは全軍に追撃を指示し、ペルシアの主力部隊がスパルタとテゲア軍に、ボイオティアのポリスを主体としたペルシア軍がアテナイとメガラ軍に突撃を開始した。しかし、ペルシア軍は重装歩兵密集方陣(ファランクス)によってことごとく討取られ、マルドニオスと彼の最強部隊も崩れてペルシア軍は大敗し、味方のテーバイに撤退した。

戦いの影響[編集]

この後、テーバイはギリシア連合軍に攻略され、ギリシア本土からペルシア勢力の影響は一掃された。この敗戦によってペルシアによるギリシア本土の侵略は失敗に終わり、反乱の失敗によってペルシアに従属していたイオニア諸都市の独立に、重大な影響を与えた。


参考文献[編集]

  • de Souza,Philip『The Greek and Persian Wars 499-386BC』Osprey Publishing
  • ヘロドトス著 松平千秋訳『歴史(下)』(岩波文庫)
  • 仲手川良雄著『テミストクレス』(中公叢書)
  • 馬場恵二著『ペルシア戦争 自由のための戦い』(教育社)