プシュケの涙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プシュケの涙
(由良シリーズ)
小説
著者 柴村仁
イラスト (アスキー・メディアワークス版)
荒川眞生(講談社版)
出版社 アスキー・メディアワークス講談社
レーベル 電撃文庫メディアワークス文庫講談社文庫
発売日 2009年1月(電撃文庫)
2010年2月~2010年4月(メディアワークス文庫)
2014年10月(講談社文庫)
テンプレート - ノート

プシュケの涙』(ぷしゅけのなみだ)は、柴村仁による日本小説。挿画はアスキー・メディアワークス刊行は、講談社刊行は荒川眞生。 電撃文庫を初出とし、メディアワークス文庫や講談社文庫より新装版が出ており、その際に、続編も連続刊行や同時刊行された。

続編を含めて、『由良シリーズ』と呼ばれている。続編も含めて本項で扱う。

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

由良 彼方

プシュケの涙[編集]

榎戸川
高3。吉野のクラスメート。
吉野 彼方
高3。吉野、榎戸川のクラスメート。
日高 織恵
榎戸川の幼馴染、旭の彼女。
由良 宛
由良彼方の双子の兄。
益田 水衣
吉野高2の時のクラスメート。

既刊一覧[編集]

アスキー・メディアワークス刊[編集]

電撃文庫
メディアワークス文庫

講談社刊[編集]

講談社文庫

外部リンク[編集]