柴村仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柴村 仁
(しばむら じん)
ペンネーム 柴村 仁
(しばむら じん)
誕生 ????????
日本の旗 日本近畿地方
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2003年 -
ジャンル ライトノベル
ファンタジー
代表作我が家のお稲荷さま。』シリーズ
『由良三部作』など
主な受賞歴 第10回電撃ゲーム小説大賞金賞(『我が家のお稲荷さま。』)
デビュー作我が家のお稲荷さま。
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

柴村 仁(しばむら じん)は、日本小説家である。近畿生まれ、日本海育ち。女性。蟹座のB型。第10回電撃ゲーム小説大賞金賞を受賞し、受賞作の『我が家のお稲荷さま。』でデビュー。

作品リスト[編集]

我が家のお稲荷さま。[1][編集]

  1. 我が家のお稲荷さま。(2004年2月 電撃文庫
  2. 我が家のお稲荷さま。 2(2004年7月 電撃文庫)
  3. 我が家のお稲荷さま。 3(2004年10月 電撃文庫)
  4. 我が家のお稲荷さま。 4(2005年4月 電撃文庫)
  5. 我が家のお稲荷さま。 5(2005年10月 電撃文庫)
  6. 我が家のお稲荷さま。 6(2006年11月 電撃文庫)
  7. 我が家のお稲荷さま。 7(2007年10月 電撃文庫)

由良シリーズ[編集]

  1. プシュケの涙(2009年1月 電撃文庫/2010年2月 メディアワークス文庫/2014年10月 講談社文庫
  2. ハイドラの告白(2010年3月 メディアワークス文庫)
  3. セイジャの式日(2010年4月 メディアワークス文庫)
  4. ノクチルカ笑う(2014年10月 講談社文庫)

キソ会長シリーズ[編集]

  1. おーい!キソ会長(2009年12月 トクマ・ノベルズEdge/2011年2月 徳間文庫
  2. めんそーれ!キソ会長(2011年5月 徳間文庫)

市シリーズ[編集]

  1. 夜宵(2011年11月 講談社BOX/2013年10月 講談社文庫)
  2. 宵鳴(2013年10月 講談社BOX)
  3. 鳴夜(2015年4月 講談社BOX)

オコノギくんは人魚ですので[編集]

  1. オコノギくんは人魚ですので 1(2012年12月 メディアワークス文庫)
  2. オコノギくんは人魚ですので 2(2013年4月 メディアワークス文庫)

ノンシリーズ[編集]

  • E.a.G.(2007年2月 電撃文庫)
  • ぜふぁがるど(2008年2月 電撃文庫)
  • 4Girls(2011年1月 メディアワークス文庫)
  • 雛鳥トートロジィ(2012年8月 メディアワークス文庫)

ノベライズ[編集]

アンソロジー収録[編集]

  • タカチアカネの巧みなる小細工(『まい・いまじね〜しょん 電撃コラボレーション』2008年8月 電撃文庫)
  • ×××さんの場合(『19 ナインティーン』2010年12月 メディアワークス文庫)

漫画原作[編集]

コミカライズ[編集]

  • 我が家のお稲荷さま。(2007年 - 2013年 電撃コミックス 全11巻)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 我が家のお稲荷さま。 :作品情報”. アニメハック. 2020年6月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]