ブータン協同党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 ブータン政党
ブータン協同党
འབྲུག་མཉམ་རུབ་ཚོགས་པ།
党首 ドルジ・チョデン
国民議会議席数
30 / 47   (64%)
(2018年10月18日)
公式サイト Druk Nyamrup Tshogpa
テンプレートを表示

ブータン協同党[1](ブータンきょうどうとう、ゾンカ語: འབྲུག་མཉམ་རུབ་ཚོགས་པワイリー方式’brug nyam-rub tshogs-pa、英語:Druk Nyamrup Tshogpa、略称:DNT)は、ブータン政党である。党首ドルジ・チョデン(初代)。

概要[編集]

2013年の第2回国民議会選挙英語版に参戦した新政党の1つ。予備選挙では得票率17.1%、47選挙区中2選挙区で勝利したが、3位敗退。2018年9月15日に執行された第3回国民議会選挙英語版の予備選挙では得票率31.8%で1位となり、はじめて本選挙に進出[2]。10月18日の投票の結果、過半数を超える30議席を獲得し政権を獲得した[3]

党役員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 84. ブータンのネット選挙(3)
  2. ^ “DNT and DPT to contest general round”. クエンセル. (2018年9月16日). http://www.kuenselonline.com/dnt-and-dpt-to-contest-general-round/ 2018年9月18日閲覧。 
  3. ^ “ブータン下院選、協同党が勝利、対印インフラ協力減速も”. 日本経済新聞. (2018年10月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36671870Z11C18A0EAF000/ 2018年10月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]