ブータン大衆党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 ブータン政党
ブータン大衆党
འབྲུག་སྤྱིར་དབང་ཚོགས་པ་།
党首 リリ・ワンチュク
国民議会議席数
0 / 0
(2013年)
公式サイト Druk Chirwang Tshogpa (facebookアカウント) 
テンプレートを表示

ブータン大衆党[1](ブータンたいしゅうとう、ゾンカ語: འབྲུག་སྤྱིར་དབང་ཚོགས་པ་ワイリー方式’brug spyir-dbang tshogs-pa、英語:Druk Chirwang Tshogpa、略称:DCT)は、ブータン政党である。党首リリ・ワンチュク(初代)。2018年2月に同国選挙法に基づく登録を抹消している。

概要[編集]

2013年の第2回国民議会選挙英語版に参戦した新政党の1つ。予備選挙では得票率5.9%、どの選挙区でも勝利できず、4位敗退。2018年2月20日に選挙法第147条(d)に基づいた政党登録の抹消を申請し、2月26日に正式に告知された[2]。このため同年9月15日に執行された第3回国民議会選挙英語版には参加していない。

党役員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 84. ブータンのネット選挙(3)
  2. ^ Druk Chirwang Tshogpa (DCT) Stands Deregistered As A Political Party”. Election Commission of Bhutan. 2018年10月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • [1](DCTfacebookアカウント)