ブルックタウン・ハイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルックタウン・ハイ
Brooktown High
ジャンル 恋愛シミュレーション
対応機種 PlayStation Portable
開発元 バックボーン・エンタテインメント
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
人数 1人
メディア UMD1枚
発売日 アメリカ合衆国の旗 2007年5月22日
日本の旗 未発売
対象年齢 ESRBT
テンプレートを表示

ブルックタウン・ハイ』(Brooktown High)は、2007年5月22日コナミデジタルエンタテインメントの北米法人Konami Digital Entertainment, Inc.(KDEI、以下コナミ)が北米地域でPlayStation Portable向けに発売した恋愛シミュレーションゲーム。日本向けは未発売。開発当初は"Brooktown High Senior Year"のタイトルであった[要出典]

概要[編集]

カナダ・アメリカに開発拠点を置くバックボーン・エンタテインメント(en:Backbone Entertainment)が開発した作品で、コナミは発売元であり、制作には関与していない。制作者が「コナミの『ときめきメモリアル』を元にして作った」と発言しており[要出典](ゲーム内容やシステムも同作とほぼ同様である)[独自研究?]、コナミが発売元であることも相まって、「北米版『ときめきメモリアル』」との俗称がある[1]

画面は『1』・『2』・『4』(あるいは『GS』)のような2Dではなく、『3』に近い完全3Dでゲームが展開されるのが特徴。[独自研究?]

タイトル通り、高校が舞台であるが、プレイヤーキャラクターは男性・女性の両方が選択できるのが特徴となっている[2]

しかし、北米(またはヨーロッパも含めて)では、そもそも恋愛シミュレーションというジャンルが浸透しておらず、「『ザ・シムズ』や『シムピープル』のようなライフシミュレーションだ」という認識が拭い切れなかった。また、顔のパーツをデフォルメした(少なくとも日本における『萌え』とは別の感覚の)キャラクターデザインは特に不評で、発売先のアメリカでも評価は芳しくない。[独自研究?]

脚注[編集]

  1. ^ 『パワプロクンポケット10 完全公式ガイド』、2008年、408頁 ISBN 978-4-86155-213-7
  2. ^ 同シリーズでは、コンシューマ機向け作品ではないが『ONLINE』が男女とも選択可能である。なお、同作は2007年7月限りでサービスを終了した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]