ブサイナ・ビント・タイムール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブサイナ・ビント・タイムール
بثينة بنت تيمور
ブーサイード家
続柄 オマーン国王タイムール第1女子

全名 ブサイナ・ビント・タイムール・アル=サイード
بثينة بنت تيمور آل سعيد‎
称号 オマーン王女
出生 (1937-10-10) 1937年10月10日(82歳)
大日本帝国の旗 大日本帝国 神戸市
父親 タイムール・ビン・ファイサル
母親 大山清子
宗教 イスラム教イバード派
テンプレートを表示

ブサイナ・ビント・タイムール・アル=サイード: بثينة بنت تيمور آل سعيد‎‎、: Buthaina bint Taimur Al-Said1937年10月10日[1] - )は、オマーンの王族。

生涯[編集]

日本時代[編集]

1935年神戸のダンスホールで当時19歳だった大山清子と知り合った49歳の前オマーン国王タイムール・ビン・ファイサルは、日本への永住を決意して翌1936年に再び日本に渡航し、清子と結婚する[2]。2人は神戸市葺合区中尾町の邸宅に住み、1937年にブサイナ(日本名:節子)が誕生する[3]

タイムールと清子は円満な生活を送っていたが、やがて清子は結核に罹患する[4]。清子は入院中の病院からたびたび抜け出したため、タイムールは自身やブサイナにうつることを恐れてブサイナを清子の母親に預け、自身はボンベイに移った。1939年11月に清子は病死する[4]1940年5月に日本に戻ったタイムールは、清子の墓を建てた後にブサイナを連れて日本を出国した[4]

オマーン移住後[編集]

1940年に日本を離れてしばらくカラチに滞在した後、マスカットに移り、タイムールの第一夫人で国王サイード・ビン・タイムール英語版の母の元に預けられた。父であるタイムールは、日本を離れた以上、完全なオマーン人として育てるという方針をとったため、日本の影響は断ち切られた。さらに異母兄のサイードは、ブサイナを王宮に軟禁した[注釈 1]

1970年、サイードが息子カーブースの起こした宮廷クーデターにより退位し、カーブースが即位する[5]と軟禁が解かれ、1978年には母親の墓参りに日本を訪れた。

名前について[編集]

「ブサイナ」は、アラビア語で「美しい」という意味を持つ一般的な女性名である。「ビント」は「の娘」を意味し、「ビント・タイムール」で「タイムールの娘」となる。「アル=サイード」は氏族名である。日本名は「節子」であり、日本国内では母である大山清子の墓誌名[注釈 2]から「節子・アール・サイード」と名乗ったと考えられる。

その他[編集]

フジテレビにより、2016年に『奇跡体験!アンビリバボー 国境を越えた愛の物語 〜80年前のシンデレラ』(2月4日放映)[6]で、2018年に『ザ・ノンフィクション 私の姪はアラブの王女』(3月4日放映)[7]で紹介された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ サイードはブサイナだけでなく、留学から帰国した息子のカーブースも軟禁していた。
  2. ^ 「清子・アール・サイード」とある。

出典[編集]

  1. ^ 下村『アラビアの王様と王妃たち』、198頁
  2. ^ 遠藤『オマーン見聞録』、111頁
  3. ^ 遠藤『オマーン見聞録』、113-114頁
  4. ^ a b c 遠藤『オマーン見聞録』、117頁
  5. ^ PROFILE-Oman's Sultan Qaboos bin Said. Forexyard.com (2011-03-25). Retrieved on 14 July 2011.
  6. ^ 奇跡体験!アンビリバボー国境を越えた愛の物語 80年前のシンデレラフジテレビ
  7. ^ ザ・ノンフィクション 私の姪はアラブの王女TVでた蔵

参考文献[編集]

  • 下村満子『アラビアの王様と王妃たち』(朝日新聞社、1974年12月)
  • 遠藤晴男『オマーン見聞録』(展望社、2009年4月)