フーリー (ベトナム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フーリー
Thành phố Phủ Lý
城庯府里
ベトナムの旗
フーリー市内を流れるダイ川(底江)
フーリー市内を流れるダイ川(底江)
位置
フーリーの位置(ベトナム内)
フーリー
フーリー
フーリー (ベトナム)
座標 : 北緯20度32分28秒 東経105度54分50秒 / 北緯20.54111度 東経105.91389度 / 20.54111; 105.91389
行政
 ベトナム
 省 ハナム省
フーリー
地理
面積  
  域 87.87 km2
人口
人口 (2014現在)
  域 136,654人
    人口密度   1,555人/km2
その他
等時帯 UTC/GMT +7

フーリーベトナム語Thành phố Phủ Lý / 城庯府里?)はベトナム紅河デルタ地方のハナム省の省都である。首都ハノイの60km南に位置する。

歴史[編集]

1873年10月26日、フランスのバルニー船長率いる28人の船員と砲艦がフーリーを占領した。直後にバルニーとフランシス・ガルニエハノイの西門で死亡する。 [1]

1946年、フーリーでは多くのベトナム国民党指導者が南ベトナム解放民族戦線に捕まった。 [2]

1954年6月30日、撤退中のフランス軍がフーリーを攻撃した。直後にベトナムは独立した。 [3]

1966年7月14日~11月5日のアメリカ軍の北爆で、フーリーは完全に破壊された。 [4] [5] マイケル・マクレアーはこの時のフーリーを「生命のいない荒れ地」と表現している。

行政区画[編集]

以下の11坊10社を管轄する。

  • チャウソン坊(Châu Sơn / 珠山
  • ハイバーチュン坊(Hai Bà Trưng / 𠄩婆徵
  • ラムハ坊(Lam Hạ / 藍夏
  • レホンフォン坊(Lê Hồng Phong / 黎鴻豐
  • リエムチン坊(Liêm Chính / 廉政
  • ルオンカインティエン坊(Lương Khánh Thiện / 梁慶善
  • ミンカイ坊(Minh Khai / 明開
  • クアンチュン坊(Quang Trung / 光中
  • タインチャウ坊(Thanh Châu / 靑洲
  • タイントゥエン坊(Thanh Tuyền / 靑全
  • チャンフンダオ坊(Trần Hưng Đạo / 陳興道
  • ディンサー社(Đinh Xá / 丁舍
  • キムビン社(Kim Bình / 金平
  • リエムチュン社(Liêm Chung / 廉鐘
  • リエムティエト社(Liêm Tiết / 廉節
  • リエムトゥエン社(Liêm Tuyền / 廉全
  • フーヴァン社(Phù Vân / 富雲
  • ティエンハイ社(Tiên Hải / 先海
  • ティエンヒエップ社(Tiên Hiệp / 先協
  • ティエンタン社(Tiên Tân / 先新
  • チンサー社(Trịnh Xá / 鄭舍

写真[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Après la prise de la citadelle de Hanoï par Francis Garnier le 20 novembre 1873, il participe à l'occupation du delta du fleuve Rouge, s'emparant notamment de Hung-Yen le 24 octobre, puis Phu-ly le 26, Haï-Djuong le 3 décembre."
  2. ^ Van Dao Hoang Viet Nam Quoc Dan Dang: A Contemporary History of a National Struggle: 1927-1954 Pittsburgh 2008 Page 333 "However, during their retreat, many were arrested by the VC military force and public security when they arrived at Phủ Lý. They were then taken to Thanh Hóa and Nghệ An for detention. Included among the prisoners were Đỗ Văn, Bùi Anh Tuan and Mrs. Đặng Trần Hồ. Those who decided to stay had to defend their headquarters and confront their enemies, because the VC continued to terrorize and execute them."
  3. ^ Nguyen Công Luan Nationalist in the Viet Nam Wars: Memoirs of a Victim Turned Soldier 2012 "the retreating route of the French forces launched its bloody attacks at Phủ Lý, a small town thirty miles south of Hà Nội."
  4. ^ Liberation: an independent monthly Volumes 11-12 1966 "Phu Ly was attacked on six different occasions, five of them between July 14 and November 5, 1966 (when I happened to be in the outskirts)."
  5. ^ Elizabeth Jelinek Boardman The Phoenix trip: notes on a Quaker mission to Haiphong 1985 "We knew that Phu Ly was a city of 7,600 people that lay about thirty five miles south of Hanoi. We also knew that it had been completely destroyed six months before in a series of air attacks lasting five days."