フンダン (ポルトガル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フンダン
Vista fundao 21-10-2007.JPG
Pt-fnd3.png FND1.png
LocalFundao.svg
所属する県 カステロ・ブランコ県
面積 700.13 km²
人口 29,213(2011年)[1]
人口密度41.73人/km²
所属する教区数 31
自治体首長 {{{presidente}}}
住民呼称 {{{gentílico}}}
都市の休日 9月15日

フンダンFundão)は、ポルトガルの都市。

地理[編集]

コヴァ・ダ・ベイラ地方の、標高500mほどの高原に位置する。

歴史[編集]

ローマ人の侵攻によって破壊されるまで、サン・ブラス山にはルシタニア人の城があった。ローマ時代に城跡はヴィッラまたは農家の建物の中核となった。フンダンの名が最初に現れるのは1307年である。

都市としてのフンダンの歴史は、近郊のベルモンテコヴィリャンと同様、レコンキスタの新キリスト教徒(ユダヤ教イスラム教からの改宗者を指す)の入植に始まる。1492年のカトリック両王によるユダヤ人追放が行われると、多くのユダヤ人避難民たちが、既に大きなユダヤ人コミュニティーのあったコヴァ・ダ・ベイラ地方へ移ってきた。

ユダヤ人商人や職人の移住は、フンダンの商業と産業に活気をもたらした。しかし異端審問が始まるとユダヤ人、新キリスト教徒の多くが追放、拷問、処刑といった迫害を受けた。このために地域経済は衰退していった。

18世紀終わりの啓蒙時代、当時の宰相ポンバル侯爵が王立羊毛工場を設置し、これがフンダン経済の復興を担った。現在王立羊毛工場建物はタウンホールとなっている。

経済[編集]

地方の商業、サービス業、産業の重要な中心地である。セセレ川など河川が横切る広いコヴァ・デ・ベイラ地方の谷に位置し、非常に土壌が肥えている。サクランボスミミザクラモモオリーブそしてワインが生産される。

スポーツ[編集]

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

  • セレステ・ロドリゲス - ファド歌手。アマリア・ロドリゲスの妹
  • ジョアン・フランコ - 政治家
  • エウジェニオ・アンドラーデ - 詩人
  • ブルノ・パイス - トライアスロン選手

脚注[編集]