フロム・イーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フロム・イーブル
〜バチカンを震撼させた悪魔の神父〜
Deliver Us From Evil
監督 エイミー・バーグ英語版
製作 エイミー・バーグ
マシュー・クック(Matthew Cooke
フランク・ドナー(Frank Donner
出演者 トーマス・ドイル(Thomas P. Doyle)
アン・マリー・ジョウノ(Ann Marie Jyono)
Mr and Mrs Bob Jyono
Adam and Becky M
Nancy Sloan
オリバー・オグレディ(Oliver O'Grady
Dr. Mary Gail Frawley-O'Dea
ロジャー・マホーニー(Roger Mahony
音楽 Joseph Arthur
Mick Harvey
編集 マシュー・クック
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

フロム・イーブル 〜バチカンを震撼させた悪魔の神父〜』(Deliver Us from Evil)は、1970-90年代北カリフォルニアにおける聖職者児童性的虐待、及びカトリック教会と児童性的虐待の歴史・文化を扱う、エイミー・バーグによって作成された、2006年ドキュメンタリー映画[1]

評価[編集]

扱われる議論[編集]

  • カトリック教会は、西暦4世紀から児童への性的虐待を文化として持つ。
  • 教会は、男子児童への性的虐待は問題にするが、女子児童への性的虐待を免責対象とはせず、聖職者としての地位を継続させ年金を支給する。
  • 教会は聖職者の児童性的虐待があった場合、隠蔽する体質を持つ。
  • この作品で扱われる元神父オリバー・オグレディOliver O'Grady)は、青少年期に兄妹との性関係、及び聖職者からの性的虐待を受けた経験を持つ。自身が聖職者になってからは児童、及び教区の女性と性的関係を持つ。
  • アメリカ合衆国における聖職者の児童性的虐待は10万件を超える。
  • カリフォルニア州セント・ジョン神学校St. John's Seminary)卒業生の10%は自身を小児性愛と認める。
  • ベネディクト16世の性的虐待隠蔽。

関連項目[編集]

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.snapnetwork.org/priest_stories/glimpse_mind_pedophile.htm A Glimpse at the Mind of a Pedophile, Guccione, Jean, 2005-05-11, ロサンゼルズ・タイムズ
  2. ^ NY Times: Deliver Us from Evil”. NY Times. 2008年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]