フロベニウスの定理 (代数学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

数学抽象代数学において、フロベニウスの定理(ふろべにうすのていり、: the Frobenius theorem)とは、実数体上の有限次元の結合的多元体を特徴付ける定理であって、ドイツの数学者フェルディナント・ゲオルク・フロベニウスによって1877年に証明された。この定理は、可換でない実数上の結合的多元体は四元数体しかないことを証明している。

内容[編集]

D実数R 上の有限次元多元体であれば、以下の何れかが成り立つ。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • Hazewinkel, Michiel, ed. (2001), "Frobenius theorem", Encyclopaedia of Mathematics, Springer, ISBN 978-1-55608-010-4