フレーバーライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社フレーバーライフ社
Flavor Life Co.,Ltd.
種類 株式会社
略称 フレーバーライフ社
本社所在地 日本の旗 日本
〒185-0011
東京都国分寺市本多2-1-19セルビスビル1F
設立 1996年12月11日
業種 卸売業・小売業
法人番号 1012401010542
事業内容 精油、アロマテラピー・ハーブ関連商品の輸入・企画・製造・卸・小売、アロマテラピースクールの運営
代表者 代表取締役社長 興津 秀憲(おきつ ひでのり)
資本金 1,000万円[1]
従業員数 28人
関係する人物 公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ) 法人会員・認定校
日本アロマコーディネーター協会(JAA) 法人会員
特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会 認定校
外部リンク http://www.flavorlife.com/
テンプレートを表示

フレーバーライフ社フレーバーライフ社とは、精油(エッセンシャルオイル)、アロマテラピーハーブ関連商品の輸入・企画・製造・卸・小売を行っている株式会社。
また、精油関連商品のOEM ・ PB商品の企画 ・ 製造、アロマテラピースクールの運営も行っている。[2]

概要[編集]

この会社は英国Aromatherapy Trade Council(アロマテラピー精油取引協議会)及び、Soil Association(英国土壌協会)加盟社等より原材料を輸入し、日本国内において充填・製品化している。
また近年、日本産の植物から取れるひのき、ゆず等精油もラインナップに取り入れ、日本人になじみのある香りの提供も行っている。

沿革[3][編集]

1996年12月 東京都小平市にて株式会社 フレーバーライフ社設立
  フレーバーライフブランドにて精油の卸売・小売を開始
  現、(公益社団法人)日本アロマ環境協会の前身日本アロマテラピー協会の設立参加、加盟
1998年6月 業界に先駆けてインターネット上での個人向け通信販売開始
2000年10月 英国精油専門商社と業務提携し輸入開始
2005年4月 社団法人日本アロマ環境協会(現公益社団法人)加盟
2005年8月 業務拡大に伴い、事業所を国分寺市に移転、同時にショールームを開設
2006年2月| 英国オーガニック精油専門商社NHR社と業務提携しオーガニック精油輸入開始
  これに伴いオーガニック精油ブランド「クイーンメリー」販売開始
2007年9月 (公益社団法人)日本アロマ環境協会認定アロマスクールの開設
2008年9月 南アフリカ共和国原産ルイボスティの現地大手生産・販売会社「ザ・ビックファイブルイボス社」と「アフリカンドーン」ブランドのルイボスティ日本国内販売業務提携
2011年1月 業務拡大に伴い営業本部を新設
2011年6月 独立行政法人中小企業基盤整備機構主催「チャレンジKANTO21」参加
2012年1月 日本アロマコーディネーター協会入会
2012年7月 本社ショールームをショップ・スクールとしてリニューアル
2012年7月 日本メディカルハーブ協会認定校資格取得、講座開設
2014年3月 インターネットによる卸売取引開始
現在に至る

社会貢献[編集]

公益財団法人 「東京都交響楽団」法人協賛パートナー[4]
東日本大震災支援 「被災地へピアノを届ける会」様へ継続支援中[5]
2015. 6 ネパールの子ども達への支援活動 「命の井戸[6]」に支援

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 会社概要”. 2016年5月10日閲覧。
  2. ^ 企業サイト”. 2016年5月10日閲覧。
  3. ^ 沿革”. 2016年5月10日閲覧。
  4. ^ 東京都交響楽団協賛パートナー一覧”. 2016年5月10日閲覧。
  5. ^ 被災地へピアノを届ける会支援者一覧”. 2016年5月10日閲覧。
  6. ^ ネパールの子どもを支援する会”. 2016年5月10日閲覧。