フレンズ〜ポールとミシェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フレンズ〜ポールとミシェル
Friends
監督 ルイス・ギルバート
脚本 ジャック・ラッセル
ヴァーノン・ハリス
原案 ルイス・ギルバート
製作 ルイス・ギルバート
出演者 アニセー・アルビナ
ショーン・バリー
音楽 エルトン・ジョン
撮影 アンドレアス・ワインディング
編集 アン・V・コーツ
配給 パラマウント映画
CIC
公開 イギリスの旗 1971年3月24日
日本の旗 1971年11月13日
上映時間 101分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
次作 続・フレンズ ポールとミシェル
テンプレートを表示

フレンズ〜ポールとミシェル』(Friends)は1971年イギリス映画

概要[編集]

14歳の少女と15歳の少年の恋愛と出産、現実の過酷さを描き、当時は珍しかった10代の少年少女の恋愛、妊娠と出産が話題を呼び、世界的にヒットした作品となった。監督のルイス・ギルバート自らが原案を執筆した。音楽はエルトン・ジョンが担当(バーニー・トービンが作詞を担当)。

同作品は1972年ゴールデングローブ賞の最優秀外国映画賞候補(英語)作品となると同時に、同年のグラミー賞の映画音楽賞部門賞の最優秀映画音楽賞の候補作品にもなったが、いずれも受賞を逃した。

1974年には同監督、同俳優で続編『続・フレンズ ポールとミシェル』が制作された。

あらすじ[編集]

父娘家庭の14歳のミシェルはアルルで画家の父親と住んでいたが、その父親が死亡したことで孤児となり、従姉妹のアニーを頼ってパリに来た。しかし、アニーはピエールと言う男と同棲を始めており、居心地は良くなかった。ミシェルはアルルに戻りたいという想いが募っていた。一方、パリに在住している英国人の15歳のポールは父親の後妻とその連れ子に対して反感を抱いていた。動物園で知り合った二人は、やがてお互いの家庭の不満から家出して、ミシェルの父親の別荘があるアルルに行く事にした。アルルの美しい自然の中で二人の気持ちは急速に接近していった。しかし生活という現実から二人は逃れる事は出来ず、ポールは仕事を探し、見つからないときは猟師が捨てた雑魚を拾って持ち帰るという貧困生活に明け暮れていた。そんな中でも二人は結ばれ、やがて妊娠し、医者に頼らず二人で出産した。赤ん坊は順調に育ち、ポールの仕事もようやく軌道に乗ってきていたが、ポールには捜索願が出されていて地元の警察がポールの存在を知ることになった…

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え 役柄
ポール・ハリスン ショーン・バリー 鹿沼政仁 パリの裕福な家庭に育つが実母は離婚で家を出て家族の愛に飢えている15歳
ミシェル・ラトゥール アニセー・アルヴィナ 瀬戸薫 唯一の肉親である画家の父リシャールを亡くすヒロインで14歳
ロバート・ハリソン ロナルド・ルイス 木村幌 ポールの父で敏腕実業家だが家庭を顧みず世間体を気にする
アニー・マチルド パスカル・ロベール ミシェルの従姉でパリ在住
ピエール サディ・ルボ アニーの同棲中の恋人でミシェルを色好みな目で見る
ジェーン・ガードナー トビー・ロビンズ ポールの父の再婚相手で息子ジェラルドがいる
その他の声の吹き替え - 秋元羊介藤本譲峰恵研宮内幸平
日本語版制作スタッフ - 吹替演出:福永莞爾、吹替翻訳:岩佐幸子、吹替制作:東北新社
  • 吹き替え放映
1回目:1977年12月14日 日本テレビ水曜ロードショー
2回目:1980年2月13日 日本テレビ水曜ロードショー
3回目:1985年8月2日(金) テレビ朝日傑作洋画劇場[注釈 1]

続編[編集]

続フレンズ ポールとミシェル[編集]

少年ポールと少女ミシェルの友情から恋に変わったプロセスを描いた前作から3年後のその後の二人を描く
日本公開:1974年3月16日(土)
キャスト
役名 俳優 日本語吹き替え 役柄
ポール・ハリスン ショーン・バリー 鹿沼政仁
ミシェル・ラトゥール アニセー・アルヴィナ 瀬戸薫
ロバート・ハリソン ロナルド・ルイス 木村幌 ポールの父で敏腕実業家だが家庭を顧みず世間体を気にする
ギャリー・ウェストン キア・デュリアKeir Dullea 仲木隆司 航空会社でパイロットのアメリカ人
ジョアンナ カトリーヌ・アレグレ ポールと同じ大学に通う友⼈
シルヴィ サラ・スタウト ポールとミシェルの娘
スザンナ アン・ロンバーグ ポールと同じ大学に通う友⼈
ニック スティーブ・ギルバート
ダニエル ジョルジュ・ベレー
ジェーン・ガードナー トビー・ロビンズ ポールの父の再婚相手で息子ジェラルドがいる
ヘンリー ピーター・グレイヴスPeter Graves
ハッシュ アンソニー・クラーク
リリー ベギー・フランクストン
ビヤンクール アンドレ・マランヌ
その他の声の吹き替え - 渡辺知子小宮和枝円福恵子鵜飼るみ子嶋俊介峰恵研村松康雄幹本雄之
日本語版制作スタッフ - 吹替演出:福永莞爾、吹替翻訳:岩佐幸子、吹替制作:東北新社
  • 吹き替え放映
1回目:1980年2月20日 日本テレビ水曜ロードショー
2回目:1985年3月1日(金) テレビ朝日傑作洋画劇場[注釈 2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1回目と同じ吹替音源での放映なのかは不明
  2. ^ 1回目と同じ吹替音源での放映なのかは不明

出典[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]