フリードリヒ・チェルハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フリードリヒ・チェルハ
Friedrich Cerha
Friedrich Cerha 2006.jpg
(2006年撮影)
基本情報
生誕 (1926-02-17) 1926年2月17日(92歳)
オーストリアの旗 オーストリアウィーン
職業 作曲家指揮者

フリードリヒ・チェルハフリードリヒ・ツェルハFriedrich Cerha, ドイツ語: [ˈtsɛɐhaˑ], 1926年2月17日 ウィーン - )は、オーストリア作曲家指揮者

経歴[編集]

ウィーン音楽院ヴァイオリン、作曲、音楽教育を、ウィーン大学で音楽学、ドイツ語およびドイツ文学哲学を学んだ。1958年、クルト・シュヴェルツィクとともに、オーストリアの現代音楽発展のために、アンサンブル・ディ・ライエを結成。さらに、作曲のかたわら、アルバン・ベルクアルノルト・シェーンベルクアントン・ヴェーベルン作品の解釈者として名声を得る。新ウィーン楽派への強い愛着から、未完成だったベルクのオペラルル』を完成させ、1979年ピエール・ブーレーズ指揮で世界初演された。

教え子には、ペトル・コティーク英語版ゲオルク・フリードリヒ・ハースカールハインツ・エッスル英語版らがいる。

作品[編集]

  • オペラ『バール』 Baal(1974年/1981年) - テキストはベルトルト・ブレヒト
  • オペラ『Der Rattenfänger』(1987年) - テキストはカール・ツックマイヤー
  • アルバン・ベルクのオペラ『ルルLulu の補筆(1962年 - 1978年)
  • オペラ『シュタインフェフドの巨人』 Der Riese vom Steinfeld(2002年) - テキストはペーター・トゥリーニ。ウィーン国立歌劇場の委嘱。
  • Requiem für Hollensteiner(1982年/1983年)
  • シュピーゲル第1番 - 第7番 Spiegel I-VII(1960年 - 1972年)
  • Netzwerk(1981年)
  • Baal-Gesänge(1983年)
  • Keintaten(1983年)
  • 大管弦楽のためのインパルス(1992年 - 1993年) - ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団150周年記念に献呈。
  • Fünf Stücke für Klarinette in A, Violoncello und Klavier, komponiert(1999年 - 2000年)
  • ソプラノ・サクソフォーン協奏曲(2004年)
  • 打楽器協奏曲(2007年 - 2008年)

外部リンク[編集]