フリッツ・オーヴァーベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フリッツ・オーヴァーベック(自画像)

フリッツ・オーヴァーベックFritz Overbeck1869年9月15日 - 1909年6月8日)は、ドイツ画家ブレーメン出身。 ヴォルプスヴェーデに住んでいた。

略歴[編集]

ドイツの造船会社、Norddeutscher Lloydの技術重役の息子として生まれた[1]。高校を卒業した後、1889年から1893年の間、デュッセルドルフ美術アカデミーオイゲン・デュッカーピーター・ヤンセンに学んだ[2][3]。1894年にオットー・モーダーゾーンに誘われて、多くの芸術家が集まったドイツの町、ヴォルプスヴェーデにスタジオを作った。この地の荒れ果てた荒野の風景を描くことに魅了された[4]

1897年に画家のヘルミーネ・ローテ(Hermine Rohte)と結婚し、息子のフリッツ・テオドール・オーヴァーベックは有名な植物学者になった。

1900年頃、チョコレート会社Ludwig Stollwerckのトレーディング・カードのデザインのコンテストで選ばれた1人となった。1905年に妻が結核と診断され、家族は海辺に近いブレーメンのフェーゲザックに移り、オーヴァーベックは海岸や砂浜の風景を描いた。後にドイツ画家協会(Deutscher Künstlerbund)の会員となった[5]。1909年に心臓病で没した。孫娘によって財団(Freunde der Stiftung Fritz und Hermine Overbeck)が作られ、夫妻の作品の保存や出版活動が行われた。

作品[編集]


外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Sigrid Weltge-Wortmann: Die ersten Maler in Worpswede. Worpsweder Verlag 1979, S. 54.
  2. ^ Rudolf Theilmann: Die Schülerlisten der Landschafterklassen von Schirmer bis Dücker. In: Wend von Kalnein: Die Düsseldorfer Malerschule. Verlag Philipp von Zabern, Mainz 1979, ISBN 3-8053-0409-9, S. 147
  3. ^ Sigrid Weltge-Wortmann: Die ersten Maler in Worpswede. Worpsweder Verlag 1979, S. 54.
  4. ^ Goldoni, Maria: "Eine Stollwerck-Serie von Heinrich Vogeler und Franz Eichert" in Tagungsband Esslingen 2002, Arbeitskreis Bild, Druck & Papier.
  5. ^ kuenstlerbund.de: Ordentliche Mitglieder des Deutschen Künstlerbundes seit der Gründung 1903 / Overbeck, Fritz (abgerufen am 4. Dezember 2015)