フランシス・エイガー=ロバーツ (第7代クリフデン子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第7代クリフデン子爵
フランシス・エイガー=ロバーツ
Francis Gerald Agar-Robartes,
7th Viscount Clifden
生年月日 1883年4月14日
出生地 イギリスロンドン
没年月日 1966年7月15日 (満83歳没)
死没地 イギリス・コーンウォール
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 自由党
親族 第6代クリフデン子爵 (父)
トマス・エイガー=ロバーツ (兄)

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1930年 - 1966年
テンプレートを表示

第7代クリフデン子爵フランシス・ジェラルド・エイガー=ロバーツ英語: Francis Gerald Agar-Robartes, 7th Viscount Clifden1883年4月14日 - 1966年7月15日)は、イギリス自由党に所属していた政治家である。

1883年、父第6代クリフデン子爵英語版トマス・エイガー=ロバーツ英語版とその妻メアリーの間に次男として生まれる。兄であるトマス・エイガー=ロバーツ英語版第一次世界大戦で戦死したため、子爵位の法定推定相続人となった。

イートン・カレッジ及びオックスフォード大学クライスト・チャーチで教育を受けた上流階級の一員である。

1930年に父の跡を継ぎ、クリフデン子爵として[要出典]イギリス貴族院に自由党議員で入る。1940年から1945年までの第1次チャーチル内閣では侍従職(Lord-in-Waiting; 貴族院の与党院内幹事)に就き、貴族院を奔走した。

その後彼は1966年に83歳で死去した。生涯独身を貫いたため、弟のアーサー・エイガー=ロバーツがクリフデン子爵を継承した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
トマス・エイガー=ロバーツ
クリフデン子爵
第7代: 1930-1966
次代:
アーサー・エイガー=ロバーツ