フランシスコ・シャビエル・ド・アマラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランシスコ・シャビエル・ド・アマラル

フランシスコ・シャビエル・ド・アマラル(Francisco Xavier do Amaral、1937年12月3日 - 2012年3月6日)は、東ティモールの政治家。ティモール社会民主協会(ASDT)党首。国民議会議員。

人物[編集]

アイレウ地方トゥリスカイのマヌファヒ県フルル村の領主(リウライ)の家系に生まれる。高校教師ののち、1974年フレティリン創設に参加。フレティリンの初代党首であり、1975年11月28日、ポルトガルからの一方的な独立宣言の時に宣誓をして「大統領」となった。

1976年インドネシアが東ティモールに侵攻すると山中での抵抗運動を行うが、1977年インドネシアとの対話を主張し党首を解任され追放された。その後、インドネシア軍の交渉役をするが、フレティリン中央委員会に拘束される。

1978年8月、再び追放され、インドネシア軍に即座に拘束され、最初はバリ島に、1983年から1999年のインドネシア軍の撤退までジャカルタに軟禁される。東ティモールに戻り、2000年、ASDTを創設し党首となる。彼が東ティモールでも伝統を重んじる地方のリウライの家系である為、アイレウ、アイナロ、マヌファヒで安定した地盤を持つ。

2001年制憲議会選挙でASDTは、6議席を獲得。2007年大統領選挙に立候補し14.39%の票を獲得。直後に行われた国民議会選挙社会民主党(PSD)と連合を組み11議席を獲得した。

2012年3月6日、病気のためディリの病院で死去[1]。74歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]