フライト農業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フライト農業(フライトのうぎょう)とは、航空機で運ぶのに適した農作物を栽培すること。

花卉(かき)・軽量野菜などの鮮度が重視され、重量の割に単価の高い作物が適しているとされる。1980年代に全国各地で盛んに導入が検討され、福岡県朝倉町(現・朝倉市)などを主産地とする福岡空港を利用したネギのフライト農業はその成功モデルの一つとされた。その後、全国各地で試みられたものの、その成功例は多くない。

ただ、もちろん農作物輸送の本流ではないが、航空輸送そのものは、一部分とはいえ、既に定着しているといえる。

特に、究極のフライト農業とも言うべき、農道空港の利活用については、芳しくなく、税金の無駄遣いとの批判が多い。

フライト農業の問題点[編集]

輸送費の負担力
軽量で単価の高い作物がフライト農業に適しているといわれるが、高い空港輸送コストを負担できる、つまり容積の割に高い価格が付く作物は少ない。
また、農道空港を利用する小型機は積載量も少なく、輸送賃も割高になりがちである。
トラック輸送と比較してのコスト競争力
野菜等の輸送の大宗を占めるトラック輸送においては、高速道路の整備等により、時間短縮が着実に進んでおり、航空輸送の時間的な面での優位性は低下している。
特に、バブル崩壊後はコスト切り詰めにより、トラックが奪い返した部分もある。
通年利用が困難
通年で貨物が発生するよう、航空輸送に適した作物の多様化を図るのも現実には難しい。
貨物輸送に適したダイヤでない
一機の貨物室が埋まるほどの量は確保できず、貨物専用便を利用することは現実にはほとんどない。現行では一般の旅客機のベリー貨物として運ぶほかないが、当然ながら、ビジネス・観光等の旅客にとって便利なダイヤ設定となっており、フライト農業の作物に適したダイヤとはいえない。
こうしたことから農道空港を利用したフライト農業を試みた地域もあったが、芳しい成果は上がっていない。

関連項目[編集]