フォロー・ミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フォロー・ミー
Follow Me!
監督 キャロル・リード
脚本 ピーター・シェーファー
原作 ピーター・シェーファー
製作 ハル・B・ウォリス
出演者 ミア・ファロー
トポル
マイケル・ジェイストン
音楽 ジョン・バリー
撮影 クリストファー・チャリス
編集 アン・V・コーツ
配給 日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1972年7月18日
日本の旗 1973年1月13日
上映時間 94分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

フォロー・ミー』(Follow Me!)は、1973年に日本の東京のみゆき座でロードショー公開されたキャロル・リード監督による恋愛映画

概要[編集]

ユニバーサル映画製作。配給はCIC。『第三の男』のキャロル・リード監督が、ピーター・シェーファーの舞台劇『THE PRIVATE EAR AND THE PUBLIC EYE』を原作に、ロンドンの街を舞台にして、男性二人、女性一人の不思議な三角関係を綴る。1976年4月に逝去したリード監督の遺作でもある。主演はミア・ファロージョン・バリーによる主題曲が随所に使用されている。日本でも小ヒットした「フォロー・ミー」(原タイトルは、「フォロー、フォロー」)は、テルマ・キーティングが歌っている。

リバイバル公開はもちろん、ビデオやLD、DVDといったパッケージ化はされていなかった。しかし、東宝系の劇場を中心に企画上映された「午前十時の映画祭」で、50作品の一本に選ばれ、2010年2月から全国を巡回興行している。11月26日、世界に先駆けてDVDリリースされ、現在はBD版も販売されている。

ストーリー[編集]

英国の上流階級出身で一流の公認会計士チャールズ(マイケル・ジェイストン)は、気ままな旅行をしていた米国生まれのベリンダ(ミア・ファロー)と知り合い、結婚。しかし、チャールズの言うところの「育ちの違い」なのか、二人の間はやがてギクシャクしていく。約束の時間を守れず、家を空けてばかりのベリンダに浮気を疑ったチャールズは素行調査を依頼。探偵クリストフォルー(トポル)がマカロンを食べながら、ベリンダの尾行を始めるが、ロンドンの街を彷徨う彼女の姿を見て探偵はあることに気づくのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
日本テレビ
ベリンダ ミア・ファロー 倉野章子
チャールズ マイケル・ジェイストン 西沢利明
クリストホルー トポル 石田太郎
シドリー夫人 マーガレット・ローリングス 沼波輝枝
メイヒュー ダドリー・フォスター 寺島幹夫
  • 日本テレビ版:初回放送 1977年12月7日「水曜ロードショー/特選!愛と涙の12月② 微笑みの追跡!フォロー・ミー」

特記[編集]

  • 米国タイトルは "The Public Eye" だが、少々分かりづらいからと、英国などそれ以外の国では "Follow Me!" のタイトルで公開された。
  • 「午前十時の映画祭」では、『ショーシャンクの空に』『サウンド・オブ・ミュージック』『ニュー・シネマ・パラダイス』に次いでリクエスト第4位に選出された。ただ50歳以上のリクエストでは、第1位であった。
  • 劇中ベリンダが見るホラー映画は、『吸血鬼ドラキュラの花嫁』『フランケンシュタインの逆襲』などイギリスのハマー・フィルム・プロダクションの作品。その看板スター、ピーター・カッシングが主演している。
  • 劇中に登場する『ロミオとジュリエット』は、フランコ・ゼフィレッリ監督の1968年制作作品。ロミオ役にレナード・ホワイティングが出ているが、ジュリエット役のオリビア・ハッセーの顔は見えない。
  • 周防正行監督が大好きな作品の一つにあげている。その代表作『Shall we ダンス?』では、夫の浮気を疑う妻が訪れた探偵事務所に『フォロー・ミー』のポスターが貼ってある。柄本明演じる三輪徹は、かつてサラリーマン時代に偶然見た『フォロー・ミー』に惚れ込み、実際に探偵になってしまったという設定。三輪徹という名前は、主演の二人、ミア(三輪)・ファロー、トポル(徹)から取った事が『Shall we ダンス?』パンフレットに記されている。
  • 半落ち』の佐々部清監督も、そのホームページ「おすすめシネマ」の中でこの作品を大好きな映画だと語っている。
  • キネマ旬報の外国映画ベスト・テンでは18位で、読者選出のベスト10では5位であった。
  • 小路幸也の小説『東京公園』は、巻末に for follow me と記載されている通り、この作品をリスペクトして執筆されている。

ロケ地[編集]

この作品ではミア・ファローとトポルと共にロンドン名所巡りが疑似体験できる。

  • ハンプトン・コート
  • ナショナル・ギャラリー
  • ハイド・パーク

原作の日本での上演[編集]

(早大現代演劇上演記録データベースより)

外部リンク[編集]