フォルーグ・ファッロフザード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォルーグ・ファッロフザード

フォルーグ・ファッロフザードفروغ فرخزاد Forūgh Farrokhzād1936年1月5日 - 1967年2月13日)は、イラン詩人映画監督。イラン現代文学における最も優れた女性詩人の一人とみなされている。

略歴[編集]

フォルーグは1935年にテヘランで生まれた。9年生まで学校に通い、その後女子のための学校で絵画と手芸を学んだ。16歳で著名な風刺作家のパルヴィーズ・シャープールと結婚し、絵画と手芸の勉強を続けながら、夫と共にアフヴァーズへ移り住んだ。一年後に彼女は息子カームヤールを出産した。

約2年の結婚生活の後、フォルーグは夫と離婚したが、子どもの親権は夫のものとなった。彼女はテヘランへと戻り、初めての詩集『囚われ人』を出版した。

フォルーグは大胆に女性の声を主張する詩を書いたため論議を呼び、否定的に評価されたり、あからさまに批判されたりもした。1958年に9か月間ヨーロッパで過ごした。イランに戻った後、映画監督で作家のエブラーヒーム・ゴレスターンと出会い、もっと自分自身を表現し、自立して生きることを勧められた。彼女は『壁』と『反逆』という二つの詩集を立て続けに出版し、タブリーズでハンセン病患者の映画を撮った。この『あの家は黒い』というドキュメンタリー作品はいくつかの国際映画祭で賞を獲得した。

1964年には詩集『新たなる生』を出版した。彼女の詩は成熟して洗練され、それまでの近代イランの詩に対する大きな変革を成し遂げた。

1967年2月13日に、フォルーグは32歳の若さで交通事故により亡くなった。スクール・バスをよけるためにジープのハンドルを急にきったので、石の壁に衝突してしまったとされている。彼女は病院に着く前に息を引き取っていた。詩集『寒い季節の訪れを信じよう』は死後に出版された。

作品[編集]

詩集[編集]

  • 『囚われ人(اسیر asīr)』(1955)
  • 『壁(دیوار dīvār)』(1956)
  • 『反逆(عصیان 'esyān)』(1958)
  • 『新たなる生(تولدی دیگر tavallod-ī dīgar)』(1964)
  • 『寒い季節の訪れを信じよう(ایمان بیاوریم به آغاز فصل سرد īmān bi-yāvarīm be āghāz-e fasl-e sard)』(1965, 没後出版)

映画[編集]

  • 『あの家は黒い(خانه سیاه است Khāne siyāh ast)』(1962) (ドキュメンタリー、日本では『ブラック・ハウス』という名で上映されたことがある)

邦訳[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]