フェルディナント・アルビン・パックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フェルディナント・アルビン・パックス(Ferdinand Albin Pax、1858年7月26日 - 1942年3月1日)はドイツ植物学者である。

生涯[編集]

現在のチェコのドヴール・クラーロヴェー・ナト・ラベム(Dvůr Králové nad Labem、ドイツ語表記:Königinhof an der Elbe)で生まれた。ブレスラウ大学ハインリヒ・ゲッパート(Heinrich Göppert)に学んだ。1883年にキール大学でアドルフ・エングラーの助手を務め同じ年にブレスラウ大学に移り、1889年からベルリン植物園の学芸員を務めた後、1893年からブレスラウ大学の植物学教授になり、ヴロツワフ植物園の園長となった。エングラーとプラントル(Karl Anton Eugen Prantl)が編纂した植物分類学の重要な書籍"Die natürlichen Pflanzenfamilien"の1版と2版の執筆に参加した。

マメモドキ科(Connaraceae)のPaxia Gilgに献名されている。

息子のフェルディナント・アルベルト・パックス(Ferdinand Albert Pax:1885–1964)は動物学者である。

著書 (一部)[編集]

  • Monographische Übersicht über die Arten der Gattung Primula, 1888
  • Allgemeine Morphologie der Pflanzen mit besonderer Berücksichtigung der Blüthenmorphologie, 1890
  • Grundzüge der Pflanzenverbreitung in den Karpathen I. Band, 1898
  • Grundzüge der Pflanzenverbreitung in den Karpathen II. Band, 1908
  • Schlesiens Pflanzenwelt, 1915
  • Pflanzengeographie Rumäniens, 1919

参考文献[編集]

  • Brigitte Hoppe: Pax, Ferdinand Albin. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 20, Duncker & Humblot, Berlin 2001, ISBN 3-428-00201-6, S. 144 (Digitalisat).
  • Robert Zander, Fritz Encke, Günther Buchheim, Siegmund Seybold (Hrsg.): Handwörterbuch der Pflanzennamen. 13. Auflage. Ulmer Verlag, Stuttgart 1984, ISBN 3-8001-5042-5.