マメモドキ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マメモドキ科
(クロンキスト体系)
Agelaea lamarckii.jpg
Agelaea lamarckii
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: マメモドキ科 Connaraceae
  • 本文参照

マメモドキ科Connaraceae)は双子葉植物の科。世界の熱帯に16属350種ほどが分布する。日本には自生しない。タイプ属であるコウトウマメモドキ属Connarus(中国南部・台湾などに分布する)の和名からコウトウマメモドキ科ともいう。

木本で、つる性のものが多い。は羽状複葉、は両性。雌蕊は1、または5個前後が離生するが1個だけが成熟する種類が多い。果実は名の通りマメ科に似た袋果で1または2個の種子を含む。現在はマメ科に特に類縁はないとされている。

クロンキスト体系ではバラ目に入れたが、APG分類体系ではカタバミ目に入れている。

[編集]

  • Agelaea
  • Burttia
  • Cnestidium
  • Cnestis
  • Connarus
  • Ellipanthus
  • Hemandradenia
  • Jollydora
  • Manotes
  • Pseudoconnarus
  • Rourea
  • Vismianthus

外部リンク[編集]