フェリックス・ツー・シュヴァルツェンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェリックス・ツー・シュヴァルツェンベルク
Felix zu Schwarzenberg
シュヴァルツェンベルク侯爵家英語版
Schwarzenberg, Felix.jpg
称号 侯爵(Fürst)
出生 (1800-10-02) 1800年10月2日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
死去 (1852-04-05) 1852年4月5日(51歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
父親 ヨーゼフ2世・ツー・シュヴァルツェンベルクドイツ語版
役職 オーストリア帝国首相
サイン FelixSchwarzenbergMStohlLSichlingUnterschriftFacsimile.jpg
テンプレートを表示

フェリックス・ツー・シュヴァルツェンベルクドイツ語: Felix zu Schwarzenberg1800年10月2日 - 1852年4月5日)は、オーストリア貴族。軍事と外交の両分野で活躍した。

生涯[編集]

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に新閣僚を紹介するシュヴァルツェンベルク

1848年革命によって宮廷がインスブルックに逃れた際、オーストリア皇帝フェルディナント1世の補佐機関である「宰相会議」は瓦解し、帝国の実権は諸将に移った。北イタリアの反乱を鎮圧したヨーゼフ・ラデツキーは82歳と老齢で政治的野心もなかったことから[1]プラハウィーンの暴動を鎮圧したアルフレート1世・ツー・ヴィンディシュ=グレーツが強大な存在感を持つこととなった[1]

ヴィンディシュ=グレーツの妻はフェリックスの姉エレオノーレであり、ヴィンディシュ=グレーツの強力な後押しによって[2]1848年11月21日、オーストリアの首相兼外相に任命された。

1848年12月2日、フェルディナント1世は退位し、シュヴァルツェンベルクは新皇帝フランツ・ヨーゼフ1世を補佐することとなった。

私は陛下にはすべてをお伝えしたうえで、御自分で判断なさるには明らかに資料不足であるというような場合に限って、助言申し上げるつもりである[3]— 義兄アルフレート1世・ツー・ヴィンディシュ=グレーツ宛の書簡

1852年4月5日、心臓発作で急死した[4]。シュヴァルツェンベルクに匹敵するほどの人物が見当たらず、関係者は後任探しに頭を悩ませた[4]。このため当分オーストリア首相は空席となり、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世自らがその役割を果たすこととなった[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 菊池 1991, p.118
  2. ^ 菊池 1991, p.120
  3. ^ 江村(2013) p.45
  4. ^ a b c 江村(2013) p.53-54

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
ヨハン・フォン・ヴィッセンベルク
オーストリア首相
1848年 - 1852年
次代:
カール・ブオル=シャウエンシュタイン