フェアリー フェレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェアリー フェレット

フェアリー フェレット(Fairey Ferret)は、イギリスのフェアリー・アビエーション製の航空機。汎用の複葉機を目指して開発され、性能は良好であったが受注を得ることは出来なかった[1]

開発[編集]

フェレットはイギリス空軍省の要求仕様37/22[2]を満たすために開発された[3] 、フェアリー・アビエーション初の総金属製航空機であった[1]。海軍の関心を得られなかったためフェアリー・アビエーションは汎用複葉機としてイギリス空軍に提案した[1]

試作機は3機が製造され、2機は海軍の要求仕様を満たす乗員3名、1機は乗員2名であった[1]。複座式のフェレット Mk IIIは、後席に自社開発の新型高速機銃座が取り付けられていた[1]。最初の試作機フェレット Mk Iは、400hp(298kW)のアームストロング・シドレー ジャガーIV空冷星形エンジンを装備して、1925年6月に初飛行した[1]。他の2機は翼幅を9インチ延長し、425hp(317kW)のブリストル ジュピター空冷星形エンジンを発動機とした[1]

マートルシャム・ヒース基地での試験結果は良好であったものの、採用には至らず生産に入ることは無かった[1]

型式[1][編集]

  • フェレット Mk I:乗員3名、エンジンはアームストロング・シドレー ジャガーIV。
  • フェレット Mk II:乗員3名、エンジンはブリストル ジュピター。
  • フェレット Mk III:乗員2名、エンジンはブリストル ジュピター。

要目[編集]

フェレット Mk III[1]

  • 乗員: 2名
  • 全長: 29フィート6インチ(8.99m
  • 翼幅: 40フィート7インチ(12.37m)
  • 全高: 10フィート3インチ(3.12m)
  • 翼面積: 380平方フィート (35.30m2
  • 空虚重量: 2,583ポンド(1,172kg)
  • 有効搭載量: 4,765ポンド(2,161kg)
  • エンジン: ブリストル ジュピター1基 425hp(317kW)
  • 最高速度:高度5,000フィート(1,524m)で135マイル/h(217km/h)
  • 上昇限度:15,500フィート(4,725m)
  • 上昇率[3]:毎分920フィート(4.67m/秒)
  • 武装:0.303口径(7.7mm)ヴィッカース機銃(胴体右側)、0.303口径(7.7mm)ルイス機銃(後席)、500ポンドまでの爆弾を翼下に搭載可能。

注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j The Illustrated Encyclopedia of Aircraft (Part Work 1982-1985). Orbis Publishing. , 1695-1696ページ
  2. ^ 3座式の艦載偵察機の要求であり、アブロ バイソンブラックバーン ブラックバーンの更新を目的としたものである。採用機はなく、競合したのはブラックバーン エアデールホーカー ヘッジホッグであった。
  3. ^ a b Taylor, H.A. (1974). Fairey Aircraft since 1915. London: Putnam Publishing. ISBN 0 370 00065 X.  129-133ページ

外部リンク[編集]