フィタン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フィタン酸
識別情報
CAS登録番号 14721-66-5 チェック
PubChem 468706
日化辞番号 J14.320K
KEGG C01607
MeSH Phytanic+acid
特性
化学式 C20H40O2
モル質量 312.53 g mol−1
関連する物質
関連物質
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フィタン酸 (: Phytanic acid) は分岐脂肪酸のひとつで、反芻動物の脂肪部位や一部魚類などの食品をとおして食事から摂取可能である。[1] 西洋食では1日あたり50-100 mg のフィタン酸が含まれると推定されており、[2] オックスフォード大学の研究によれば、肉を食べる人は血中フィタン酸濃度が幾何平均にして6.7倍ほどベジタリアンよりも高いとされる。[3]

生化学[編集]

フィタン酸とその代謝物(フィテン酸、プリスタン酸)は転写因子であるPPAR[4]およびen:retinoid X receptor (RXR).[5]と結びついて活性化すると報告されている。

存在[編集]

バターエダムチーズエメンタールチーズ、硬質脂肪チーズ、牛乳アイスクリームなどに多く含まれる。[6] グラスフェッド(牧草飼育)の牛では脂肪などに多く含まれている。

脚注[編集]

  1. ^ Brown, P. J., Komen et al. 1993. The determination of phytanic acid and phytol in certain foods and the application of this knowledge to the choice of suitable convenience foods for patients with Refsum's disease. Journal of Human Nutrition and Dietetics 6, 295-305
  2. ^ Steinberg, D. Phytanic acid storage disease (Refsum's disease). In: Metabolic Basis of Inherited Disease. Edited by Stanbury JB, Wyngarden JB, Fredericksen DS, Goldstein JL, Brown MS, 5th edn. New York: McGraw Hill; 1983: 731-747.
  3. ^ Allen, N. E.; Grace, P. B.; Ginn, A.; Travis, R. C.; Roddam, A. W.; Appleby, P. N.; Key, T. (2007). “Phytanic acid: measurement of plasma concentrations by gas–liquid chromatography–mass spectrometry analysis and associations with diet and other plasma fatty acids”. British Journal of Nutrition 99 (3). doi:10.1017/S000711450782407X.  編集
  4. ^ Gloerich, J.; Van Vlies, N.; Jansen, G. A.; Denis, S.; Ruiter, J. P. N.; Van Werkhoven, M. A.; Duran, M.; Vaz, F. M. et al. (2005). “A phytol-enriched diet induces changes in fatty acid metabolism in mice both via PPAR -dependent and -independent pathways”. The Journal of Lipid Research 46 (4): 716. doi:10.1194/jlr.M400337-JLR200.  編集
  5. ^ Kitareewan, S.; Burka, L. T.; Tomer, K. B.; Parker, C. E.; Deterding, L. J.; Stevens, R. D.; Forman, B. M.; Mais, D. E. et al. (1996). “Phytol metabolites are circulating dietary factors that activate the nuclear receptor RXR”. Molecular Biology of the Cell 7 (8): 1153–1166. PMC 275969. PMID 8856661. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=275969.  編集
  6. ^ “Estimated Phytanic Acid Intake and Prostate Cancer Risk: a Prospective Cohort Study”. International journal of cancer 131 (6). (2012). doi:10.1002/ijc.27372. PMC PMC4415360. PMID 22120496. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=PMC4415360. 

関連項目[編集]