フィスト・ドロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フィスト・ドロップ(Fist Drop)はプロレス技の一つである。別名は正拳落とし(せいけんおとし)、拳落とし(こぶしおとし)。また、ザ・グレート・カブキ正拳突き(せいけんづき)と称した。

概要[編集]

仰向けに倒れている相手の頭部・顔面・喉元などへ、前方または横方向に倒れ込みながら(倒れこみ式)、または座り込みながら(座り込み式)拳(Fist)を打ち付ける技である。セカンドロープやトップロープ上からジャンプして投下する場合(ダイビング式)もある。この場合、倒れこみ式と座り込み式双方のタイプがある。

繋ぎ技として使われることが多いが、選手によっては必殺技として使用している者もいる。

主な使い手[編集]

関連項目[編集]