フィオドラス・アルギルダイティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フィオドラス・アルギルダイティス1324/6年[1] - 1394年2月10日から1400年の間[1])は、ゲディミナス朝アルギルダス家)出身のラトネリュボームリ、そして恐らくはコブリン[2]分封公である。実の兄弟と同じように正教会の儀式にてキリスト教名と洗礼を受けた。

来歴[編集]

伝統的にはフィオドラスはリトアニア大公アルギルダスとその最初の妻であるマリヤ・ヴィテフスカヤ[2]の末子だと見做されているが、ポーランドの歴史家ヤン・テゴウスキイは同じくアルギルダスの最初の妻であるアンナの長男であると見做している[1]。同様の結論はハンガリー国王ラヨシュ1世1377年 9月29日に書いた手紙[3]にてフィオドラスのことをアルギルダスとアンナの長男と呼んでいることに根拠をおいている[1]

1377年にアルギルダスが死ぬとフィオドラスは異母弟ヨガイラ宗主として認めることを良しとせず、自ら進んでラヨシュ1世に臣従の誓いを立てた。この事実はフィオドラスがヴォルィーニフィオドラス・リウバルタイティスに属さない領地を所持していたことからも伺える。1386年 10月23日にフィオドラスはヨガイラへ完全に忠誠を誓った[4]

ロマナス、グルコ、サングシュコ [5]の3人の息子がおり、彼等の間で領地が分配された。その家系からコブリン家フルコヴィッツ家サングシュコ家の公家が生まれた。

ヤン・テゴウスキイはフィオドラスには2人の妻の間に5人の子がいたことが最も信頼に足り得ると見做している。最初の妻との間にロマナスとグルコ、2番目の妻との間にサングシュコとアンナとアグラフィヤをもうけた。後にアンナはマゾフシェボレスワフ3世[6][7]に、アグリフィヤはヴァシーリー・オストロフスキーにそれぞれ嫁いでいる[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Tęgowski J. Pierwsze pokolenia Giedyminowiczów. — Poznań-Wrocław, 1999. — ISBN 83-913563-1-0. — S. 57-61. (ポーランド語)
  2. ^ a b Wolff J. Kniaziowie litewsko-ruscy od końca czternastego wieku. — Warszawa, 1895. — S. 338. (ポーランド語)
  3. ^ Письмо Людовика Франциску Каррара. Сайт «Гісторыя Беларусі IX—XVIII стагоддзяў. Першакрыніцы». 2011-03-12閲覧
  4. ^ Шабульдо Ф. М. Земли Юго-Западной Руси в составе Великого княжества Литовского. — Киев: Наукова думка, 1987. — 181 с.
  5. ^ Насевіч Г. В. Генеалагічныя табліцы старадаўніх княжацкіх і магнацкіх беларускіх родаў 12-18 стагоддзяў. — Мн., 1993. (ベラルーシ語)
  6. ^ Tęgowski J. Anna i Barbara — księżne mazowieckie z XV wieku. Przyczynek do genealogii Piastów mazowieckich // Społeczeństwo i polityka do XVII wieku / Red. J. Śliwiński. — Olsztyn 1994ю — S. 97-104. (ポーランド語)
  7. ^ Jasiński K. Rodowód Piastów mazowieckich. — Poznań-Wrocław, 1998. — S. 102. (ポーランド語)