ファーベル岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グリーンランドの全体図。南端の黄色い点がファーベル岬

ファーベル岬(ファーベルみさき、デンマーク語: Kap Farvel)は、北緯59度46分00秒 西経43度55分00秒 / 北緯59.76667度 西経43.91667度 / 59.76667; -43.91667に位置する、グリーンランド最南端の岬。 ヨーロッパに戻る船が最後に観ることになる場所であることから、デンマーク語で「さよなら」を意味するファーベルと名付けられた[1]。英語でフェアウェル岬とも呼ばれる[2]

歴史[編集]

グリーンランドの南西部に到着したヴァイキングは、ファーベル岬と現在のヌークの間の沿岸部に多くの入植地を作り、農業と畜産業を営んでいたとされる[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ファーベル岬”. クルーズライフ. 2021年3月17日閲覧。
  2. ^ フェアウェル岬とは - コトバンク 2022年9月22日閲覧。
  3. ^ 北極探検の歴史”. クルーズライフ. 2021年3月17日閲覧。

関連項目[編集]