ファルサラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファルサラ
ギリシャの旗
Φάρσαλα
座標 : 北緯39度18分 東経22度23分 / 北緯39.300度 東経22.383度 / 39.300; 22.383
行政
ギリシャの旗 ギリシャ
 地方 テッサリア
  ラリサ県
ファルサラ
ギリシャの旗
Φάρσαλα
地理
面積  
  域 736.0 km2
標高 160 m
人口
人口 (2011年[1]現在)
  域 18,545人
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
公式ウェブサイト : [1]

ファルサラギリシア語: Φάρσαλα)はギリシャテッサリア地方ラリサ県の南部に位置する町で、古代にはファルサロスまたはファルサルス古代ギリシア語: Φάρσαλοςラテン語: Pharsalus)と呼ばれていた。また、オスマン帝国時代には町の名前はÇatalcaと呼ばれていた。

綿花栽培と畜産業が盛んで、繊維産業に雇用される住民も多い。菓子の一種ハルヴァの生産や、ファルサルスの戦いに代表される古代史の現場としても有名な場所である。

歴史[編集]

ファルサルスの戦い

古代ギリシア時代はテッサリア地方の主要都市で、プティアΦθία)の中心地であった。紀元前5世紀に起こったペルシア戦争では(マケドニア側に付いたテッサリアと違い)ギリシア連合側に付いた。紀元前4世紀には地域の軍事的強国に成長したテッサリアに併合され、その後テッサリアがピリッポス2世率いるマケドニア王国に服属したため、この地もマケドニアの一部となった。第二次マケドニア戦争第三次マケドニア戦争では戦場となり、その後この地域一帯は共和政ローマの一部となった。

紀元前48年にはローマ内戦ではポンペイウスらの元老院派とカエサルファルサルスの戦いをファルサラの平原で行った結果、カエサル派が勝利し最終的にローマの共和制が終焉することとなった。

古代ローマの地理学者ストラボンは、この地にはファルサロス(Φάρσαλος)と旧ファルサロス(Παλαιοφάρσαλος, Palaeopharsalos, パレイオファルサロス)の2つの町があったと書き遺している。

交通機関[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Detailed census results 2011 http://www.statistics.gr/portal/page/portal/ESYE/BUCKET/General/resident_population_census2011.xls