ファニタ・ムーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファニタ・ムーア
Juanita Moore
Juanita Moore
1950年代のスタジオのパブリックショット。
生年月日 (1914-10-19) 1914年10月19日
没年月日 (2014-01-01) 2014年1月1日(99歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシシッピ州グリーンウッド
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 女優
活動期間 1942年 - 2001年
テンプレートを表示

ファニタ・ムーアJuanita Moore, 1914年10月19日 - 2014年1月1日)は、アメリカ合衆国の女優である。映画『悲しみは空の彼方に』(1959年)のアニー・ジョンソン役で知られ、史上5人目のアフリカ系アメリカ人アカデミー賞候補者となった[1]

生涯[編集]

悲しみは空の彼方に』(1959年)でアニー・ジョンソンを演じるムーア。

ミシシッピ州グリーンウッドで生まれ、カリフォルニア州ロサンゼルスで育った。

コットン・クラブでコーラスガールを務めた後、エキストラとなった。『ピンキー』(1949年)で映画デビューし[1]、その後は端役が続いた。『悲しみは空の彼方に』(1959年)でアニー・ジョンソンを務め、アカデミー助演女優賞ゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされた[2]

晩年にはテレビシリーズ『ER緊急救命室』や『Judging Amy』にゲスト出演した。

2013年4月23日、『悲しみは空の彼方に』のニュープリント版の上映の際にスーザン・コーナーと共に現れ、スタンディングオベーションを受けた[3]

2014年1月1日、ロサンゼルスの自宅で99歳で自然死した。彼女はイングルウッド公園墓地英語版に埋葬された[1][4]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]