ファテフ110

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファテフ110
Fateh 110.png
ファテフ110(左)、ハリージェ・ファールス英語版(右)
種類 戦略的短距離弾道ミサイル
運用史
配備期間 2002年–現在
配備先 イランの旗 イラン
シリアの旗 シリア
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
開発史
製造業者 イラン
値段 不明
諸元
重量 3,450 kg
全長 8.86 m
直径 0.61 m

ペイロード 500 kg
最大射程 300 km
弾頭 単弾の榴弾もしくはクラスター爆弾

エンジン 固体推進剤(一段式)
誘導方式 慣性および電子光学的端末
テンプレートを表示

ファテフ110ファーテフ110[1](: فاتح-۱۱۰‎、: Fateh-110、「征服者」) は、固体推進剤を使った一段式の地対地ミサイルであり、少なくとも 200km の射程を持つ短距離弾道ミサイル。これは固形燃料の推進剤を含め、イラン国内で生産されている。イラン航空産業機構英語版では、固形および液体推進剤を使った多くのタイプを生産可能である。イランは2002年9月にファテフ110の最終飛行テストを成功させた。その何週間後かの9月半ば、航空宇宙産業機構はファテフ110の量産工場を開いた。ミサイルの射程は当初は 200 km だったが、2004年9月には 250 km に伸び、必要ならばさらに伸ばすことも可能だと発表された。

歴史[編集]

イラン・イラク戦争の後、イランは精密な短射程のミサイルの必要性を認めた。なぜなら、ゼルザール (en) や ナーゼアート(en) ロケットは誘導システムが無く、非常に命中率が悪かったからだ。かくして、中国製の CSS-8 短射程ミサイル 200 本が1989年に調達された[2]。しかし、これは期待したほど射程が長くなく、また図体が大きい割に比較的実弾頭重量が軽く、イランの要求を満たすものではなかった。そこで、誘導システム付きの短射程ミサイルを設計・生産するよう Shahid Bagheri Industries に注文が出された。

開発は1995年に始まり、ゼルザール2 (en) が設計のベースに選ばれた。伝えられるところでは、シリアも開発に参加し、M-600 という自国バージョンを作った。北朝鮮もミサイルをいくつか入手している[3]。最初のテストは2002年に行なわれて成功し、ミサイルは生産段階に入った。

2004年、射程を 250 km に伸ばしたバージョンが公開された。これは輸出用に作られたものかもしれない[4]

シリアは、2004年に公開されたバージョンをベースにして、2008年時点でまだ自国の M-600 の生産を続けようとしているようである[5]。2010年にイスラエルのマスコミが伝えたところでは、シリアは数百本の M-600 ミサイルをヒズボラに提供してきている[6]

2010年にイランは「ファテフ110 第3世代」と呼ばれる新バージョンをテストした。イラン国防軍需相のアフマド・ヴァヒーディーは、その精密性・射程・反応性・貯蔵性が自国の各所で向上すると述べた。そしてイランのテレビは、テストの光景と今後の影響を報じた[7]。しばらくの後、ミサイルはイスラム革命防衛隊に配備された[8]。ミサイルの射程は 300 km とされた[9]

2011年にイランは、ハリージェ・ファールス英語版と呼ばれる初の対艦ミサイルを公開した。これは明らかにファテフ110をベースにしており、その最新バージョン同様、射程は 300 km である。

設計[編集]

ミサイル本体は Zelzal 2 と非常に似ており、いずれも直径 610 mm、長さ 8.86 m である。

安定板は 3 組ある。4 枚が噴射口近くの下端に付き、そのすぐ上に 4 枚の三角形の安定板が付き、さらに先端の円錐部近くに 4 枚の小さな安定板が付いている。それら 3 組の安定板のうち、先端部のものは可動式だとする情報もある。

派生版[編集]

名称 射程 実弾頭重量 速度 Notes
ファテフ110 200 km 650 kg マッハ 3.5 初期バージョン
ファテフ110 第2世代 250 km 450 kg マッハ 3.7 2004年発表
ファテフ110 第3世代 300 km 650 kg マッハ 3 2010年発表。精度が改善したと報告された。[10]
ファテフ110 第4世代 300 km 650 kg マッハ 3 非常な高精度を実現するため、新しい誘導システムが追加された。2012年に披露された。
ハリージェ・ファールス英語版 300 km 650 kg マッハ 3 ファテフ110をベースにした、対艦弾道ミサイル。2011年に明らかにされた。[11]
M-600 あるいは Tashreen 250 km 450 kg マッハ 3.7 シリア用バージョン

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ イラン防衛の新たな成果が公開”. IRIB (2012年8月21日). 2012年11月16日閲覧。
  2. ^ Tondar 69 (CSS-8) (Iran)” (英語). IHS Jane's. 2012年8月9日閲覧。
  3. ^ Fateh A-110” (英語). MissileThreat. 2012年8月9日閲覧。
  4. ^ MXF05-000350 Fateh-110 Surface to Surface Missile” (英語). Modlex. 2012年8月9日閲覧。
  5. ^ http://missilethreat.com/missilesoftheworld/id.39/missile_detail.asp
  6. ^ Yaakov Katz, Rebecca Anna Stoil (2010年5月6日). “Hizbullah received hundreds of Syrian missiles” (英語). The Jerusalem Post. http://www.jpost.com/MiddleEast/Article.aspx?id=174792 2012年8月9日閲覧。 
  7. ^ http://www.tabnak.ir/fa/pages/?cid=116337
  8. ^ http://www.mehrnews.com/fa/NewsDetail.aspx?NewsID=1155522
  9. ^ http://www.farsnews.com/newstext.php?nn=8906311044
  10. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月15日閲覧。
  11. ^ http://english.farsnews.com/newstext.php?nn=8911181179

外部リンク[編集]