ピンマナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯19度44分 東経96度12分 / 北緯19.733度 東経96.200度 / 19.733; 96.200

ピンマナ
Pyinmana
位置
の位置図
座標 : 北緯19度45分 東経96度12分 / 北緯19.750度 東経96.200度 / 19.750; 96.200
行政
ミャンマーの旗 ミャンマー
 地方域 マンダレー地方域の旗 マンダレー地方域
 市 ピンマナ
Pyinmana
人口
人口 (2006現在)
  市域 100,000人
その他
等時帯 ミャンマー標準時 (UTC+6:30)

ピンマナ (ပျဉ်းမနားမြို့, Pyinmana) は、ミャンマーマンダレー地方域にある都市。同地方域の砂糖精製の中心地で、材木取引の町。人口10万人(2006年)。

国土のほぼ中心に位置し、ミャンマーの最大都市であるヤンゴンの約320キロメートル北にある。

2006年、西郊の軍用地にミャンマーの新首都ネピドーが誕生した。

歴史[編集]

ピンマナはかつて太平洋戦争中、日本軍に支援されたビルマ独立軍(後にビルマ国軍に改称)の基地があり、教育隊が置かれ、士官の養成や練兵を行っていた地である。

ピンマナで教育されたビルマ国軍は1945年日本軍に反旗を翻し、連合軍側に立場を変えて戦い、ビルマの日本軍を破るにあたり大役を果たした。この後もピンマナはビルマ陸軍の拠点であり、「ビルマの勝利」の象徴的な地であった。

また近郊には1970年代後半から国立科学研究センターがあるなど、ビルマ政府とも深い関係があった。