ピロストラトス (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピロストラトスまたはフィロストラトスラテン語英語: Philostratus ; 古代ギリシア語: Φιλόστρατος, Philostratos)は、ローマ帝国支配下のギリシャソフィスト一族。全員レムノス島出身。2が最も著名[1]

  1. ベロス・ピロストラトス[1] - 2の父親。ルキアノスに帰される『ネロ』 (Nero) の実際の著者と推定される[2]
  2. アテナイのピロストラトス(フラウィウス・ピロストラトゥス) - 最も著名[1]。多くの著作が伝わる。
  3. レムノスのピロストラトス(大ピロストラトス) - 2の甥かつ義理の息子。『エイコネス』第1部の著者。
  4. 小ピロストラトス - 2の孫。『エイコネス』第2部の著者。

脚注[編集]

  1. ^ a b c ピロストラトス、エウナピオス 著 / 戸塚七郎、金子佳司 訳 『哲学者・ソフィスト列伝』 京都大学学術出版会〈西洋古典叢書〉、2001年。ISBN 978-4876981311 (戸塚七郎 解説)pp.383ff
  2. ^ ピロストラトス 著 / 内田次信 訳 『英雄が語るトロイア戦争』 平凡社〈平凡社ライブラリー〉、2008年。ISBN 978-4582766523 p.211