ピュロコックス・フリオスス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピュロコックス・フリオスス
分類
ドメイン : 古細菌 Archaea
: ユリアーキオータ界
Euryarchaeota
: ユリアーキオータ門
Euryarchaeota
: テルモコックス綱
Thermococci
: テルモコックス目
Thermococcales
: テルモコックス科
Thermococcaceae
: ピュロコックス属
Pyrococcus
: P. フリオスス
P. furiosus
学名
Pyrococcus furiosus
Fiala and Stetter 1986

Pyrococcus furiosusピュロコックス・フリオススパイロコッカス・フリオサスピロコックス・フリオスス)はPyrococcusに属する偏性嫌気性超好熱古細菌Pyrococcus 属の基準種である。古細菌のモデル生物の一つ。

1980年代にイタリアヴルカーノ島の浅い海底にある硫黄熱水噴出孔から分離された。増殖は70〜103℃の範囲で起こり、その至適温度は100℃と高い。発見された当時はPyrodictiumに次ぐ増殖温度の高さであった。

この古細菌は現在広く知られた超好熱菌の一つになっており、様々な研究に使用される。高耐久性酵素の分離源としても使われることがあり、例えばこの菌から分離されたDNAポリメラーゼは、熱安定性が高いことに加え、広く使われているTaqポリメラーゼよりも複製正確性が高い(約10倍)ためポリメラーゼ連鎖反応にしばし使用される。

培養は単体硫黄を添加した海水に酵母エキスペプトンなどのタンパク源、あるいはデンプンなどを加えて90℃後半中性嫌気条件下で行う。この時硫黄が還元され硫化水素を生成する(硫黄がなくても培養はできるが、発生する水素によって増殖阻害が起こる)。至適条件での世代時間は37分であり、超好熱菌の中では最も早いものの一つである。種形容語はこれに由来しており、ラテン語でfuriosusフリオ―スス、狂乱した・狂暴なといった意味がある。

ゲノム2001年に解読された。ゲノムサイズ1908kbp、タンパク質をコードする遺伝子は2,065個と推定された。

参考文献[編集]

  • Fiala, G. and Stetter, K.O. (1986) "Pyrococcus furiosus sp. nov. represents a novel genus of marine heterotrophic archaebacteria growing optimally at 100℃. Archives of Microbiology 145, 56-61.
  • Robb F.T., Maeder D.L., Brown J.R., DiRuggiero J., Stump M.D., Yeh R.K., Weiss R.B., Dunn D.M. (2001) "Genomic sequence of hyperthermophile, Pyrococcus furiosus: implications for physiology and enzymology". Methods in Enzymology 330, 134-157.