ピミアナカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピミアナカス
ប្រាសាទភិមានអាកាស
Phimeanakas
Phimeanakas1.jpg
基本情報
座標 北緯13度26分44秒
東経103度51分21秒
座標: 北緯13度26分44秒 東経103度51分21秒
宗教 ヒンドゥー教
シェムリアップ
地区 シェムリアップ郡英語版
カンボジアの旗 カンボジア
シェムリアップ州
現況 遺跡
建設
形式 クメール建築英語版
様式 クリアン様式
着工 (10世紀初頭)
完成 10世紀末-11世紀初頭
建築物
横幅 35m(東西)
奥行 28m
資材 ラテライト砂岩

ピミアナカスPhimeanakasクメール語: ប្រាសាទភិមានអាកាស, Prasat Phimean Akas 〈ヴィミヤン・アーカス[1]、Vimeanakas、クメール語: ប្រាសាទវិមានអាកាស, Prasat Vimean Akas〉)は、カンボジアアンコール遺跡群のうちアンコール・トムの王宮の周壁内にあるクリアン様式のヒンドゥー教寺院であり、「天上の寺院」(英語: ‘Celestial Temple’)、「空中の宮殿」(英語: ‘Aerial Palace’ [2])とも称される。

時代[編集]

ラージェンドラヴァルマン2世英語版(在位944-968年)統治時代の10世紀末に建造され、次いでスーリヤヴァルマン1世英語版(在位1002-1050年)の統治時代に完成したとされる[1][2]。建造の開始については、10世紀初頭のヤショヴァルマン1世(在位889-910年)の時代に着手されたとする説もある[1]

構造[編集]

ピミアナカスは、5か所の塔門(ゴープラムgopuram)のある東西600メートル、南北250メートルの周壁に囲まれた王宮の中央に位置し[3]、そこに居住した歴代の王が儀式をおこなうための寺院であった[4]。東西35メートル、南北28メートルのピミアナカスは3層構造であり[3]須弥山(メル山)を象徴する[4]ラテライトの基壇において[4]、1層目は水面、2層目は地面、3層目は天空を表現しており、その四面には最上段に至る階段を備える[1]。3層ピラミッド構造のヒンドゥー教寺院の最上段は砂岩の回廊に囲まれるが[4]、これは装飾的な擬似回廊であり[3]、その中心に1基の塔堂(中央祠堂)がある[2]周達觀英語版が記した『真臘風土記英語版(しんろうふどき)』によれば、塔はかつて金色の尖塔に覆われていた[5]

伝説[編集]

ピミアナカスのナーガ

伝説によると、王は、塔の中にいるナーガが姿を変えたという女性と夜毎逢瀬を過ごし、その間、女王さえ立ち入ることは許されなかった。二度目の時にだけ、王は女王と宮殿に戻った。もしクメールの最高主であるナーガが夜に姿を現さなければ、王の余命は幾ばくもなく、王が姿を見せなければ、災難が王の土地を襲うであろうとされた[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d フーオッ・タット 『アンコール遺跡とカンボジアの歴史』 今川幸雄訳、めこん1995年、66-70頁。ISBN 4-8396-0095-3
  2. ^ a b c Rooney, Dawn F. (2011). Angkor: Cambodia's Wondrous Khmer Temples (6th ed.). Odissey. pp. 201-202. ISBN 978-962-217-802-1. 
  3. ^ a b c 石澤良昭 『アンコール・ワットへの道』 JTBJTBキャンブックス〉、2000年、101-102頁。ISBN 4-533-03341-5
  4. ^ a b c d 波田野直樹 『アンコール遺跡を楽しむ』 連合出版、2007年、改訂版、129-130頁。ISBN 978-4-89772-224-5
  5. ^ 周達觀 『真臘風土記』「城郭」・「宮室」の条。
  6. ^ 周達觀 『真臘風土記』「宮室」の条。

参考文献[編集]

関連項目[編集]